2017年05月17日

おひさまと風とともに【旅する彫刻】



3月に会いに行ってきた
はしもとみおさんの彫刻たち

彫刻は買えないけど、本は買えた(笑)


DSCN3466_はしみお.jpg


【旅する彫刻】
はしもとみお
出版社:MdN


DSCN3469_はしみお.jpg


DSCN3467_はしみお.jpg


ページをめくれば
今にも動きそうな彫刻たちと
ほんとうに動いているモデルとのツーショットがたくさん、
ちょっとだまし絵を見せられているような気分。


DSCN3468_はしみお.jpg


室内のシーンでも
おひさまや風を感じるんだよね。

なにげない日常がしあわせなんだ、と
あたたかなメッセージにあふれてる1冊。


DSCN3471_はしみお.jpg


またどこかでぜひ会いたいな。


DSCN3470_はしみお.jpg



hadami 商標登録出願中です。
Facebook ガラスビーズとコードの組み合わせをご紹介しています。
BLOG   5/17 更新しました。
 メールご注文受付中、商品リーフレットお送りします。
 ●ご希望部数
 ●お名前
 ●ご住所 を
hadamiodm★gmail.com ( ★ → @ )までお便りくださいまし。

posted by おふみ at 00:23| Comment(0) | 画集・作品集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

はしもとみお【旅する彫刻たち】に会いに



前からずーっと気になっていた彫刻家、はしもとみおさん。
今古今@大磯で先月やっと作品展を見られたよ。


リノベーションされた建物は
古さと懐かしさがいい感じになじんでいて、
居心地のよさに思わず深呼吸したくなっちゃう。


DSCN2962_店入り口_BLOG.jpg


おぉ、黒柴ちゃんがウェルカム。


DSCN2938_はしみお全景_BLOG.jpg

DSCN2939_はしみお柴_BLOG.jpg


彫りあとのタッチは粗いのに
ほんとうにそこに生きているかのようなリアルさがすごい。


DSCN2946_はしみお猫ダブル_BLOG.jpg


DSCN2945_はしみお猫ダブル_BLOG.jpg


表情や仕草が豊かで、とっても愛らしい子ばかり。


DSCN2944_はしみお柴熊_BLOG.jpg


DSCN2948_はしみお全景_BLOG.jpg


DSCN2947_はしみおデカ犬_BLOG.jpg


うまいなぁと思っていたけど想像以上、
そしてそれがいやらしくないのだ。

人柄なんだね。

落花生にあらず、ひつじさん。

DSCN2957_はしみお羊背中_BLOG.jpg


こんなところまで行き届いている観察(笑)


DSCN2954_はしみおぶりねこ_BLOG.jpg


小さくても存在感はしっかり。


DSCN2953_はしみお乗っけたい_BLOG.jpg


DSCN2956_はしみお乗っけたい_BLOG.jpg


圧巻だったのはスケッチのすばらしさ。


DSCN2950_はしみお柴スケッチ_BLOG.jpg


立体を作るには
毛や皮や筋肉の中にある骨格を正しく捉えていないと
できあがりに違和感を感じてしまう。

ナッシング!

あの彫刻たちはこのスケッチから、
このスケッチは愛がいっぱいの観察力から生まれていることを
あらためて知ることができた。


DSCN2940_はしみお猿_BLOG.jpg


物を観る、ってほんとうに大切なこと。

いつか犬を1頭、連れて帰りたいな。


DSCN2941_はしみお犬スケッチ_BLOG.jpg


作品集のご紹介はあらためて。


P1000185_旅する彫刻たち_BLOG.jpg



hadami 商標登録出願中です。
Facebook ガラスビーズとコードの組み合わせをご紹介しています。
BLOG   3/21 更新しました。
 メールご注文受付中、商品リーフレットお送りします。
 ●ご希望部数
 ●お名前
 ●ご住所 を
hadamiodm★gmail.com ( ★ → @ )までお便りくださいまし。



posted by おふみ at 12:15| Comment(0) | 画集・作品集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月11日

おうちでワンワン美術館【1000 DOG POTRAITS 】



散歩に行けない雨の日は、秋のゲージツつながりで(笑)

多くのアーティストが描いた犬の絵を集めた作品集。
ほんとに1000点あるかどうかは数えてないけど。

犬の愛らしさににっこりする頁もあれば
レイアウトがカッケー頁もあって
いろいろな犬絵がたくさん見られて楽しいな。

おうちにいながら美術館気分を堪能できる1冊っす。


1000dog1.jpg


1000dog2.jpg


1000dog3.jpg


1000dog4.jpg


1000dog5.jpg


1000 DOG POTRAITS

Curated and Authored by ROBYNNE RAYE
Design : Modern Dog Design Co.
出版社:Rockport Publishers


1000dog6.jpg


みんないい顔!


1000dog7.jpg



Facebook 「いいね!」よろしくお願いします。
hadami メールご注文受付中、商品リーフレットお送りします。
 ●ご希望部数
 ●お名前
 ●ご住所 を
hadamiodm★gmail.com ( ★ → @ )までお便りくださいまし。

posted by おふみ at 11:47| Comment(0) | 画集・作品集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月29日

ディズニー犬図鑑【Disney's DOGS】



みんなだ〜い好き、ディズニー・アニメ。

犬が主人公の名作多く、
「101匹わんちゃん」のポンゴとパーディタ、
「わんわん物語」のレディとトランプ、最近ではボルトなどもありますな。
おなじみグーフィーやプルートもファンが多い。

そんなディズニー・アニメに登場する犬達、
その製作の舞台裏とも云えるデッサンやスケッチ、セル画の下絵までを
作品集としてまとめたのがこの1冊。
さしずめディズニー・ワンワン・オンパレードといったところか。


d_dogs_1.jpg


【Disney's DOGS】
Book Concept and Design:Tamara Khalaf
出版:Disney Editions



おおざっぱなエスキースの段階でしかないのに
ページから飛び出してきそうな躍動感いっぱい。


d_dogs_2.jpg


d_dogs_3.jpg


d_dogs_4.jpg


どの犬も生き生きとして、エネルギーにあふれてる。
それを見事なまでに表現しているアニメーターの画力、モ〜脱帽っす。


d_dogs_5.jpg


d_dogs_6.jpg


d_dogs_7.jpg


「わんわん物語」のレディのキャラクターを決めるのに
アメリカン・コッカーばかり400匹デッサンしたという・・・ひー。


d_dogs_8.jpg


d_dogs_9.jpg


難しいこと抜きで楽しめるDisney's DOGS。
できればLPジャケットぐらいの(たとえが古いな 笑)
大判でドーン!と出版してほしかったワン。

最後はこの名場面で♪


d_dogs_10.jpg


hadami メールご注文受付中、商品リーフレットお送りします。
 ●ご希望部数
 ●お名前
 ●ご住所 を
hadamiodm★gmail.com ( ★ → @ )までお便りくださいまし。


posted by おふみ at 00:38| Comment(0) | 画集・作品集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月28日

幸せの青い犬



あざやかなブルーの中に浮かぶ黄色。


bluedog_1.jpg


月?と思いきや・・・箱から出すと


bluedog_2.jpg


カバーには犬の顔のアップが描かれている。


bluedog_3.jpg


ちょっと不気味にも感じるきょとんとした顔、
犬はいつも同じポーズで変わるのは背景や構図のみ。


bluedog_4.jpg


bluedog_5.jpg


『BLUE DOG』
画:GEORGE RODRIGUE
著:GEORGE RODRIGUE and LARENCE S. FREUNDLICH
出版社:VIKING STUDIO BOOKS

青い犬を描いたのは画家ジョージ・ロドリーゲ。
12年をともにした愛犬ティファニーは
キャンバスの中でBLUE DOGとして生まれ変わった。

かわいげのあるような、ないような(笑)
なんともいえない印象的な青い犬、ご覧になった方もおられるかと。

BLUE DOGの絵を飾ってから
願いが叶ったり、事業が成功したり、といったサクセス・エピソードもあり
幸せを呼ぶ青い犬、とも呼ばれるとか。

もっと知りたい方はTHE BLUE DOG GALLERYをご覧くだされ。

青い犬の絵が好きっつーより、
箱入り画集の装丁が気に入って買ったのは10年以上も前。
ロドリーゲ氏にはモ〜しわけないが
家に絵を飾るなら絶対!正平さん♪ ・・・買えないけど、く〜(涙)

*******************************

hadami 「家庭画報」に掲載されました。
メールご注文受付中、商品リーフレットもお送りしております。
 ●ご希望部数
 ●お名前
 ●ご住所 を
hadamiodm★gmail.com ( ★ → @ )までお便りくださいまし。

posted by おふみ at 00:34| Comment(0) | 画集・作品集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月05日

切って折って犬を作ろう 【PAPER PUPS】



紙で作られたワンコ達。

よくできてるわ〜、感心感心。
形や特徴を表現するのにどれだけ試作をしたんだろう。


paperpups_2.jpg


paperpups_3.jpg


35種類の犬の型紙つき、夏休みの工作にぴったり(笑)
モ〜暦のうえではセプテンバーだったな。


paperpups_4.jpg


犬だけにとどまらず、洋服やら犬小屋やら
小道具まで作り方が載っている。よっ!芸が細かいね!


paperpups_1.jpg


【PAPER PUPS】
35 Dogs to Copy,Cut,Fold

著:HIROSHI HAYAKAWA
出版社:LARK CRAFTS


*******************************

hadami 「家庭画報」に掲載されました。
メールご注文受付中、商品リーフレットもお送りしております。
 ●ご希望部数
 ●お名前
 ●ご住所 を
hadamiodm★gmail.com ( ★ → @ )までお便りくださいまし。

posted by おふみ at 00:17| Comment(0) | 画集・作品集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月27日

ニューヨーカーの犬達



真っ赤なカバーに描かれた犬の横顔だけで
あ、NEW YORKERと気づいた御仁は生粋のニューヨーカーか
J・サーバーファンとお見受けする。


newyorker_1.jpg


アメリカの由緒ある雑誌「NEW YORKER」。
その誌面を飾り、にぎわした犬テーマものばかりを集めた大作といっていいだろう。


newyorker_2.jpg


newyorker_3.jpg


表紙のイラスト、中面のカートゥーン(一コマ風刺漫画ね)から
数々のエッセイまでみっちり収録されている。


newyorker_4.jpg


newyorker_5.jpg



THE BIG NEW YORKER BOOK OF DOGS
出版社:RANDOM HOUSE


・・・読めたら面白いんだろうな〜(爆)

イラストを見ているだけでもすばらしいのだが
読めないのに洋書を買っちまうのは
欧文が線にしか見えていない前職の悲しい性、よよよ。

犬関連の雑誌ではないのに
こんなりっぱな作品集が出せるほど、誌面にワンワカワンと登場しているのは
犬が社会の一員として認められている歴史があるからなんだろう。

ペットをこども扱いする日本とは大違い。
おーよちよち、ではなく、
ま、君も一杯やらんかね?って感じだもの。

作家が透けてみえる邦訳が待たれる・・・望み薄。

*******************************

hadami メールご注文受付はじめました。
商品リーフレットもお送りしております。
 ●ご希望部数
 ●お名前
 ●ご住所 を
hadamiodm★gmail.com ( ★ → @ )までお便りくださいまし。

posted by おふみ at 00:24| Comment(0) | 画集・作品集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月21日

楽しいアルファベット動物園



アルファベット絵本はいろいろ集めてきたが
これまたとびきり楽しく、グラフィックが美しい1冊。

下手な解説するよりご覧いただいた方が早いってもんだ。


alphabe_2.jpg

alphabe_3.jpg


Aはアリゲイター、ワニさんね。
その形を大文字と小文字だけでデザインしてある。
ぐぉーーと開いた口が愛嬌あって。

ラクダに犬に・・・


alphabe_4.jpg


タコにいたっては縦横無尽に腕をのばすありさま。


alphabe_5.jpg


alphabe_6.jpg


タランチュラのT、左ページの小さなイラストもすごくかわいい。


alphabe_7.jpg


alphabe_1.jpg


【alphabeasties】and other Amazing Types
作:Sharon Warner, Sarah Forss
出版社:Blue Apple Books

青りんご出版とはこれまたキュートな(笑)
そしてあっし好みの絵本オンパレード。

作者はタイポグラフィ(文字のデザインってことね)が
メシより好きな女性ふたり

アルファベットは、図形として完成しているカタチだからこそできる
このグラフィック・アイディア。

好きこそモノの上手なれ!
デザインに手抜きなーし!

この絵本が子供用とは恐れ入谷の鬼子母神。
Eテレの「デザインあ」と「にほんごであそぼ」が対抗馬かな。

*******************************

hadami メールご注文受付はじめました。
商品リーフレットもお送りしております。
 ●ご希望部数
 ●お名前
 ●ご住所 を
hadamiodm★gmail.com ( ★ → @ )までお便りくださいまし。


posted by おふみ at 00:19| Comment(0) | 画集・作品集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月07日

好きなもの×2 【ドッグ・ギャラリー】



絵が好きである。
犬が好きである。
だから犬が描かれた絵はモ〜だい好きである。

犬がモチーフとなっている絵画や彫刻をあつめた作品集がこちら。


okurimono_1.jpg


「日本と東洋の美術作品の中からメッチャ好きなものを集めました」と
前書きにあるとおり、犬好きココロをくすぐると同時に
美術としても一級品ぞろい。

カバー絵の円山応挙にはじまり、俵屋宗達、伊藤若冲、
小倉遊亀、勝川春章・・・・。

時代ごとの犬にまつわるちょっとしたエピソードや
1点ごとにていねいな解説も書かれており、
気軽な美術ガイドとしても楽しんでもいいね。


okurimono_2.jpg


okurimono_3.jpg


okurimono_4.jpg


okurimono_5.jpg


【ドッグ・ギャラリー】犬の贈り物
文:千 方可
出版社:小学館 2003年初版


*******************************

hadami 商品リーフレットお送りします。
 ●ご希望部数
 ●お名前
 ●ご住所 を
hadamiodm●gmail.com ( ● → @ )までお便りくださいまし。


posted by おふみ at 00:13| Comment(0) | 画集・作品集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

うきうき♪わくわく♪ロリポップ【Fluffy Humpy Poppy Puppy】



寒いし、雨だし、こんな天気のときは
気持ちがあたたかくなるような1冊をご紹介するなり。

50’s、60’sの香りがいっぱい、
ポップでかわいいグラフィックで表現された、
犬のイラストやコラージュが満載。

モ〜、ページをめくるたびごきげんになっちゃうよ。
これまた野暮な解説は必要なし!


fluffy_1.jpg


fluffy_2.jpg


【Fluffy Humpy Poppy Puppy】
A Ruff, Dog-Eared Look At Men's Best Friend

編著:Charles S. Anderson Design Co. with text by Micheal J. Nelson
出版社:Abrams Image,New York

http://www.abramsbooks.com/abramsimage.html

もっとグラフィックを楽しみたい方はこちらへ。
お気に入りのイラストがある暮らしはすてき、OH YEAH♪

http://www.frenchpaper.com/popink.asp
http://www.csaimages.com/Index.asp



posted by おふみ at 11:03| Comment(0) | 画集・作品集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

画家によりそって【山口 薫の犬 甲斐虎のクマ】



あぁ、この絵!
書店で見て、胸に抱きしめすぐレジへ向かった。

洋画家・山口 薫の生誕100年を記念して刊行された画集。
帯の文章が泣かせるのだ。


kaitorakuma_1.jpg


【山口薫の犬 甲斐虎のクマ】

著:山口 薫
出版社:求龍堂
http://www.kyuryudo.co.jp/


画家の晩年によりそって暮らした犬、クマ。

愛犬の姿を、油絵やエスキース、スケッチはもとより、
手近にある紙に走り描きしたものまで集め、
クマへの写真とともに詩編とあわせて構成されている。


kaitorakuma_2.jpg


庭先にいる姿を描かれたものがほとんどだけど
どれもいいんだよねぇ、うん。

なにがどういいのか、説明しろといわれてもちょっと困るような、
こころの襞(ひだ)にしっとりと沁みてくる感じ、かな。

山口 薫のほかの作品を知らない。
でも、このクマの画を見て、大好きになった。

絵はいい。じつに、うん。

posted by おふみ at 12:56| Comment(4) | 画集・作品集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月23日

本棚の中の動物美術館【NOBLE BEASTS】



モ〜ね、いいたかないけど・・・あづっ!
こんなサバイバルな暑さの日は部屋でゆっくり過ごすのがベター。

「高貴な野獣たち」とはこれまたグッ♪とくるタイトルで。

ワシントンにある美術館
ナショナル・ギャラリー・オブ・アート収蔵品の中から
動物が描かれた作品をあつめた画集なのだ。

表紙の犬にはじまり、
魚や虫もいれば、牛馬ウサギ、野鳥から海のほ乳類まで。
油彩あり、ペン画あり、彫刻もちらほら。

いいねぇ♪ うん。



noblebeast_1.jpg


noblebeast_2.jpg


noblebeast_3.jpg


NATIONAL GALLERY OF ART
【NOBLE BEASTS】Animals in Art

出版社:A BULLFINCH COMPANY LITTLE,BROWN AND COMPANY
http://www.hachettebookgroup.com/

お世話になりっぱなしの『古本 海ねこ』にて購入。
http://www.umi-neko.com/

海外の美術館を訪れ、その収蔵量の多さに圧倒された時は
テーマをひとつ作って巡ってみるのもまた一興。

たとえばこの作品集をガイドにしてみるとかね。
1日でまわるのはもったいないから、
時間をかけてじっくり堪能したいもの。

いつか行きたい美術館がまた増えた。

ナショナル・ギャラリー・オブ・アート
http://www.nga.gov/

posted by おふみ at 13:39| Comment(0) | 画集・作品集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

モードの中できらめく犬たち【DOGS IN VOGUE】




モード誌に君臨する『VOGUE』。

1910年代の創刊時から今まで
犬が載っているページばかりを集めた一冊。

時代を彩ったトップモデルに負けることなく
傍らにたたずむ犬たちの存在感や美しさに
なんどもため息が出ちゃう。

もちろんエディトリアルデザインも
写真に負けず端麗なこと。

モ〜目の保養におすすめよん。


vogue_1.jpg


セ・ボンざましょ?


vogue_5.jpg


これは裏表紙ね。


vogue_2.jpg


vogue_3.jpg


vogue_4.jpg


毛糸模酢が小柄なのか、デーンがでかいのか。


DOGS IN VOGUE
A Century of Canine Chic

著:Judith Watt
出版社:Little Brown UK
http://www.littlebrown.co.uk/home


先月掲載したきらめく犬たちも
しっかりと収録されており、わはは。
刷りがオリジナル誌面よりちょいと劣るのは
片目をつぶることに。


以前ご紹介した
【Men & Dogs】、【Women & Dogs】も同じ著者。
モードと映画、切れない世界なのね。


posted by おふみ at 11:10| Comment(2) | 画集・作品集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

ドッグサインに見るお国柄【DOG SIGNS】

能天気な犬が踊る表紙のイラストに大笑い。


no_dog_signs_1.jpg


出版社:The Pepin Press
http://www.pepinpress.com/


いろいろな国のドッグサインを集めた
CD-ROM付き作品集なりよ。

右ページにドッグサイン、
左ページに施工例写真の組み合わせ。

カッチョいいデザインもあれば
ゆるくてのんきなのもあり。
なんだかお国柄が忍ばれてほほえましい。
お国柄というよりはお人柄、かも(笑)


no_dog_signs_2.jpg


付属のCD-ROMには
本に掲載されているドッグサインのデータが収録されていて
フリー素材として使えるようになっている。

お気に入りがあれば
わが家ドッグサインがささっと作れていいかも。
今時の本だよねぇ。

(NO)DOGなんて・・・・NOよ!


暑さぶり返し、
みなみなさまご自愛くださいましね。
posted by おふみ at 11:10| ☔| Comment(0) | 画集・作品集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

ぽってり ふっくら リサ大好き

リサといっても、リサ&ガスパールのリサじゃなく。
スウェーデンの陶芸家リサ・ラーション。

アニマルモチーフの作品が多く
前からいいなぁと思っていた。
日本初の作品集ということで買ったのがこれ。


LisaL_cover1.jpg

リサ・ラーション作品集
  〜スウェーデンからきた猫と天使たち
著:ギセラ・エロン
訳:平石律子
出版社:P-Vine BOOKS  http://www.p-vine-books.com/
    ブルース・インターアクションズ  http://www.bls-act.co.jp/


LisaL_cover2.jpg


カバーをはずすと、作陶前にたくさん描かれたであろう
天使のスケッチ。

ぽってり、ふっくらしたまぁるいフォルムは
まことに心がなごみますな。

アニマルモチーフ以外にも
壷や食器、天使に鳥などさまざまあり、
どれもどこかに懐かしさを感じるシックな色合い。
マテリアルが和の陶器や骨董に近いからかな。

もちろんリサの犬たちも
かわいらしさがたまりませんてば。

LisaL_2.jpg


この本の中でいちばん気に入った作品がこれ。

LisaL_3.jpg

題は『ともだち』。

・・・・・すばらし!


posted by おふみ at 10:53| 🌁| Comment(0) | 画集・作品集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

ルーヴルの犬達

この犬の耳のなんともやわらかそうなこと!
うすくて、なめらかで、たぷたぷとした愛しいパーツだ。

いまにも立ちあがりそうな仕草も
胸や前脚の筋肉の盛りあがり方でよくわかる。

louvre_01.jpg


じつはこの犬、大理石の彫刻といったら
信じていただけるかな?
固い石という素材からこんな曲線を生み出すなんて・・・・!

この犬が暮らすのはパリのルーヴル美術館、
ルーヴル美術館に収蔵されている作品から
「犬」をテーマに集めた作品集なのである。

louvre_00.jpg

DOGS IN THE LOUVRE
企   画:ルーヴル美術館
出版社:http://editions.flammarion.com/

油絵や彫刻だけではなく、タペストリーや素描もある。
犬が描かれたものだけではなく、
画面の隅にひっそりたたずむ犬もちゃーんといるのだ。

見開きごとに1作品、犬のアップと全体の絵がそれぞれ見られる構成。

louvre_03.jpg


すんばらすぃのは作品だけではない。
ブックデザインが作品と肩を並べるほどの美しさなのだ。
レイアウトから欧文フォントの使い方まで、
まさしくアルファベット文字圏ネイティブならではのいい仕事。

こぶりな作品集ながら美しさはジャイアント。
ルーヴル美術館の懐の深さに脱帽。
いやはや、ページをめくるたびにため息ばかり。

姉妹編で「CATS IN THE LOUVRE」もあるなり。
posted by おふみ at 15:07| Comment(2) | 画集・作品集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月19日

ポップアップ絵本のマジシャン【2】

引き続きサブダのクリスマス絵本。

ページをめくれば
こころときめく美しさよ!


sabuda1_1.jpg

sabuda1_2.jpg

sabuda1_3.jpg

The 12Days of Cristmas
A POP-UP CELEBRATION BY ROBERT SABUDA 1996
出版社:LITTLE SIMON
http://www.simonsays.com/

うわぁ・・・・・♪
なんども開け閉めしちゃうんだよね〜。

サブダのポップアップクリスマスリース、
来年は新居の玄関に飾る!

ハヴ ア ハッピー ホリデイ!
posted by おふみ at 11:41| Comment(0) | 画集・作品集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

ポップアップ絵本のマジシャン【1】

モ〜なにも申しあげることなどなく、へい。
マジシャンというより神様か?

新作のスターウォーズなんてねアータ、
ダースベイダーのどアップの迫力には大人だって驚きさ!

そんなロバート・サブダのクリスマス絵本、
一家に一冊、マストバイブックでしょ。

まずはシンプルな仕掛けだけど
楽しさ26個のアルファベット絵本をどうぞ。

sabuda2_1.jpg

sabuda2_2.jpg

sabuda2_3.jpg

A angel

sabuda2_4.jpg

sabuda2_5.jpg

B bell

sabuda2_6.jpg

C candle

THE CRISTMAS ALPHABET
Robert Sabuda 1996
出版社:Orchard Books,NY

この時期、本屋さんのクリスマス特集の棚には
サブダのポップアップ絵本が並んでおり。
ぜひ一度ごらんのほどを。
posted by おふみ at 11:04| Comment(0) | 画集・作品集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

動きだしそうなやつら【三沢厚彦 ANIMALS展】

昨年、平塚美術館で見のがしてしまった
【三沢厚彦 ANIMALS展】@横浜そごうを見に行ってきた。
最終日、ぎりぎりセーフ。

作品集は以前ご紹介済みだぁよ。
http://blog.seesaa.jp/pages/my/blog/article/edit/input?id=9330576

木彫りの彫刻のほか、彫刻とほぼ原寸のドローイングなども
展示されていてうれしかった〜。
どこかとぼけた表情の動物たちは迫力があるのにチャーミング。
S卿ご指摘のように犬は立ち耳系が多かったな。
今回の展示の中ではしろくまシリーズが気に入り、新居に転がしておきたいス(笑)。

ふと見上げると壁の天井際にヤモリがはりついていたり
茶目っ気もたっぷり。

惜しいのは会場の狭さ、天井の低さ。
ま、美術館と名乗ってはいてもしょせんデパートの中だからね。
作品ののびやかさやおおらかさは半減されていたのが残念。

カタログは買うほどの内容でもなっかたのでパス、
ポストカードを3種類購入。

misawa animals PICT2364.jpg

次回、展覧会を企画されるなら
広ーい屋外の美術館か、大自然の森の中とか、で、ぜひお願いしたいものなり。
posted by おふみ at 11:55| Comment(0) | 画集・作品集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

101匹わんちゃん図絵【101 Dog Illustrations】

写真もいいけど、スケッチもね、と買った1冊。
副題は「A Pictorical Archive of Championship Breeds」。
大きく出たもんだ。

巻末には犬とオーナーの名前がきっちり掲載されており、
チャンピオン犬をモデルに1頭ずつ描きおこしたんだろうな。

スポーティングドッグ、ハウンド、ワーキングドッグなど
おなじみのグループごとにまとめられているのは
よくある犬図鑑とおんなじ構成。


101 dog illustration.jpg

作:Gladys Emerson Cook
出版:DOVER PUBLICATIONS,INC


Gladysさん、どうも微妙にワンコの好き嫌いがあるようで・・・
たいへんよく描けている犬種と
そうでない犬種がはっきりと分かれている。

どちらかというと、
丁寧にデッサンしたスケッチではなく、早描きのクロッキーぽい。
つか、クレジットがなければ
ちょっとその犬種にみえないデッサンもあり。

ベルガー載ってないし、ぶつぶつ・・・
バニはもっとスンバラシク美形に描いてほし!

オーナーはうるさいんだよっ(爆)
posted by おふみ at 11:26| Comment(0) | 画集・作品集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

夢見るおがくず【ドリームペッツ】

ワンコグッズに新入りが3頭。
めっちゃカラフル、ごきげんなやつらでしょ?

左からルーファス、ドリー、ハワイアンハウンド。

dream pets.jpg

最近のぬいぐるみって
ふにゃふにゃ、くたくた〜っとしたボディで
ソフトな手ざわりのタイプが多いけど
むかーしむかし(爆)は、おがくずをパッツンパツン!に詰めた
しっかりと固いぬいぐるみが作られていた時期があった。

・・・・・おがくずって、知らない人が多かったりして(泣)

ルーファス、ドリー、ハワイアンハウンドは
50's~〜80'sに日本で生まれてアメリカで大ブレイクした
おがくず詰めのぬいぐるみ、ドリームペッツなのさ。

もち、復刻版だけども。
くわしくはこちらの本を。

dream pets cover.jpg

dream pets naka1.jpg

dream pets naka2.jpg

【ドリームペッツ図鑑】
著:山下 哲
出版:河出書房新社
http://www.kawade.co.jp


ドリームペッツの種類は犬だけじゃないよ、猫、ねずみ、山羊にひつじ、
馬、うさぎ、熊、しか。
マスにサメ、かめ、かえる、いるかにたこまで!

それぞれに名前があり、キャラ設定もされているのが
コレクターゴコロをくすぐるね〜。
犬以外では牛にもココロひかれるものあり、うはは。

花に花言葉があるように
ドリームペッツは夢言葉をそれぞれ持っている。

冒頭で紹介した3頭の夢言葉、
ハリウッドスターを夢見るルーファスは『勘違い』
芸術家をめざすドリーは『親切』
ハワイアンハウンドは『ロマン』

こりゃますます集めたくなっちまうってばよ?
posted by おふみ at 16:56| Comment(0) | 画集・作品集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

うちのこ さがしてます【LOST】

飛行機が島に墜落、サバイバルTVシリーズではないよ。

行方不明になってしまった愛しい犬、猫、鳥、
フェレットにハムスターに亀にうさぎに蛇に牛(!)たちを探すため、
どうか帰ってきて、というせつなる思いを込めて
飼い主さんが自ら作った迷子ポスターを世界中から集めた1冊。

LOST1.jpg

LOST
Lost and Found Pet Posters From Around the World

著:Ian Phillips
出版社:Princeton Architectural Press
http://www.papress.com/

日本語版『LOST(ロスト)』出版社:アーティストハウス

LOST2.jpg

大人が作ったであろうものもあれば
幼いこどもが一生懸命描いたものも見かけられ。

一緒に暮らしていたからこそ、
描かれている絵は特長をよくとらえていて感心することしきり。

ぱらぱらマンガが入っている構成も
シリアスに偏りすぎず、ちょっと救われる。

LOST3.jpg

みんなみんな無事に帰れたかな。
posted by おふみ at 15:29| Comment(0) | 画集・作品集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

目立つ広告には犬を【The Dog Made Me Buy It!】

人のよきパートナーである犬は
昔から広告でもモテモテ。

古いものは1890年代から1950年代までの、
広告をはじめ商品のパッケージ、会社のロゴマーク、
ステーショナリー、小さなPOPなど
愛らしいワンコ盛り沢山♪
犬を使った広告のアンティークコレクションなる1冊。

dog made me-1.jpg

著者:Alice L.Muncaster & Ellen Sawyer
出版:CROWN PUBLISHERS.INC.,

dog made me-2.jpg

うれしい総天然色〜♪

dog made me-3.jpg

ポスターにして飾りたいぐらいデザインやイラストがすんばらしい。
歴史の古い犬種がわかるのもまことに興味深いね。

online bookstore古本海ねこにて購入
http://www.umi-neko.com/
posted by おふみ at 15:15| Comment(0) | 画集・作品集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月11日

まごころをこめて【The Christmas Dog Book】

クリスマスはいろいろなカードがたっくさん、
カード好きとしてはワクワクしちまう、うれしいシーズン。

シンプルなのもの、凝ったもの、紙以外の素材など
見ていて楽しいし、飽きない。

なんちゃってクリスマス特集、トップバッターは
タイトルどおり、犬が登場する
クリスマスカードばかりを集めた作品集だよ。

xmas dog book.jpg

編集:Margaret Denk
出版:RED ROCK PRESS
http://www.RedRockPress.com

カードはほとんどがアンティークもの。
犬の姿が妙にリアル、キモかわいい顔もあるけど
1枚1枚じつにていねいに、
まごころこめて描かれているのがよくわかる。

クリスマスを思いきり意識したブックデザインもかわいい。
CDほどの小振りなサイズ、ちょっとしたプレゼントにもグー。
posted by おふみ at 11:19| Comment(0) | 画集・作品集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

つ〜つんで〜 ひ〜らい〜て♪【All Wrapped Up!】

きれいな色柄や、かわいいデザインの包装紙って
捨てられずに取っておくことが多い。

表紙を見ただけでウキウキしちゃうようなこの本、
1960年代に作られた包装紙を集めたもの。
副題は『Groovy Gift Wrap of The 1960s』

all wrapped up.jpg

CHRONICLE BOOKS
http://www.chroniclebooks.com/

誕生日、結婚式、赤ちゃん、
クリスマス、動物、花柄などなど、
テーマやモチーフごとにカテゴリーが別れていて
動物カテゴリーの中には犬もたくさん登場。
当時流行っていた犬種もわかるところが興味深いね。

目立って多いのがプードル。
独特のフォルムが絵心をはげしくくすぐるようで、うはは。
エレガントな容姿はイラストになってもまことに愛らしい。

テキスタイルの勉強にも、グラフィックの勉強にもなる。
もちろん眺めているだけだって楽しい楽しい1冊。
posted by おふみ at 10:36| Comment(0) | 画集・作品集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月31日

ワンコは芸術だ【The Artful Dog】

CDほどの小さな本だけど、
どっこい中身のスケールはでかいよ。

NYのメトロポリタンミュージアムが所蔵する
絵画や写真、浮世絵、タペストリーなどの中から、
犬が描かれたものばかりを集めた1冊。

見開きごとに絵画1点、犬にまつわる一言が添えられている。
シェークスピアあり、スヌちゃんの作者C.M.シュルツあり。

moma artful dog.jpg

CHRONICLE BOOKS
http://www.chroniclebooks.com

洒落てるねぇ。

美術館の企画なのか、出版社の企画なのか、
いや、双方のアイディアがたっぷりはいってできあがった感じがする。
日本でも『原寸美術館』など
新しい視点で楽しめる画集がでてるけど、
やっぱり犬飼いは『犬』にひかれちゃうんだよね。

プレゼントにも好適かと。
posted by おふみ at 18:23| Comment(0) | 画集・作品集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

レッツ眼球トレーニング【Picasso's ONE-LINERS】

一筆書き続きでご紹介。
線とフォルムがすんばらしくて、買った1冊。
ピカソの一筆書き(描き)の小品を集めたもの。

picasso1.jpg

出版 http://www.workman.com/

「一筆書きは眼球トレーニングである」とのコメントを
ベルぱぱさんからいただいた。

さぁ、みんなで眼球トレーニングにチャレンジ!
ルールは簡単、線を指でなぞったりせず、
眼だけで線をはじまりから終わりまで追うだけなり。

では、初級編

picasso2.jpg

次は、中級編

picasso3.jpg

最後は上級編

picasso4.jpg

眼がまわっても知らないよ〜
posted by おふみ at 17:14| Comment(2) | 画集・作品集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

人生に犬とユーモアを【THE NEW YORKER BOOK OF DOG CARTOONS】

紳士然とすました犬が表紙をかざるのは
アメリカの雑誌『THE NEW YORKER』に掲載されていた
ヒトコマ漫画をずらりと集めた1冊。

new yorker1.jpg

出版社 ALFRED A. KNOPF,INC. 
http://www.randomhouse.com/knopf/
おぉ、ボルゾイマークが美しいのぅ。

おせじにもかわいいとは言えない犬。
人間よりも人間くさい犬。

いろいろなワンコたちの一言や行動は
ぴりっとスパイスが効いていて風刺や皮肉、ユーモアたっぷり。
ページをめくるたび、ぷっと吹き出したり、口の端がニヤニヤしたり、
くれぐれも電車の中では読まないことをおすすめする次第。

new yorker2.jpg

手のひらサイズの小さい本なれど、
笑いはビッグサイズだよ。
posted by おふみ at 14:04| Comment(0) | 画集・作品集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

ほんものの絵【風のふくまま】松田正平画文集

ものすごく単純な線と形なのに
犬以外のなにものでもない。

あっさりみえる色の中に、
力と命がしずかに、でもたしかにみなぎっている。

誰もが記憶の底にすりこまれている
どこかなつかしい日本犬の顔。

キャンバスの絵肌がじつにいいねぇ。
でも絵のたたずまいはすごく普通なの。
見る人にドーダコノヤロ的なプレッシャーを与えない
さらっと洒落た油絵を描いたのは、松田正平さん。

松田正平さんは、ほんとうの、ほんものの画家。
ただひたすら、ひたむきに絵と向き合った人。
薔薇の静物画や、風景画を多く描いているけど
愛犬を描いた数枚もこの画文集に納められている。

matsuda syohei.jpg

求龍堂 http://www.kyuryudo.co.jp/

松田正平さんの絵にはじめて会ったのは
洲之内徹の美術随想『きまぐれ美術館』シリーズ。
口絵に載っていた薔薇の絵も
重っ苦しい印象とはまるで縁遠いふわりと明るい、洒落た絵だった。

気楽なスケッチのような軽さがあるのに
これ以上省略したらカタチそのものが成立しなくなる
ぎりぎりの線で描かれた薔薇の美しいこと。
日本人なのに、湿っぽさがないんだよね。
あぁ、いいなぁ、正平さん。

いつか、ぜひ、欲しい。
家に1枚、正平さんのほんものの油絵をかけたい。
posted by おふみ at 17:12| Comment(0) | 画集・作品集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

グッズになった犬たち【frea market fidos】

副題はthe dish on dog junk and canine collectibles。

表紙の写真からおわかりのように、
ノミの市で見つけた犬模様グッズのオンパレード写真集。
財布、トランプ、絵本、はがき、タバコ入れ、ぬいぐるみ、
タペストリ、キッチン小物、などなど・・・

fera market.jpg

見れば見るほど欲しくなるかわいいモノばかりなり〜♪
著者はふたりのライター、barri leiner とmarie moss。
この本をまとめる仕事、めちゃ楽しかったろうなぁ。

出版社はstewart tabori chang
posted by おふみ at 15:51| Comment(0) | 画集・作品集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

シックな詩集絵本『DOGGEREL』

ぱっと見コワイ感じを受けたけど、
目が愛らしく、魅力的な犬の表情にひかれて買った1冊。

19人の作家が詩やエッセイをよせていて、お、
RAYMOND CARVERやERICA JONGの名もある。
木版画のイラストレーションを美しく見せるよう、
白と黒(グレー)以外はよけいな色を用いず
アイボリーのみで構成された装丁がとってもシック。

doggerel.jpg

イラストレーターは彫刻家にして画家のMARTHA PAULOS。
これが最初の本とのこと、版画だけ眺めていても楽しめるなり。

おなじみの出版社にニッコリ
http://www.chroniclebooks.com
posted by おふみ at 19:23| Comment(0) | 画集・作品集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

おうちが美術館【2】MUSEUM 123

メトロポリタン美術館METOROPOLITAN MUSEUM OF ART(MOMA)の
知育絵本その2、ABCの次は数字で遊ぼ〜編。

おかあさん猫のうしろに子猫は何匹いるかな?
おなじ数の船、蛍、りんご、魚。

moma 123.jpg

こちらも同じく、MOMAに収蔵されている
絵画、彫刻、美術品のオンパレードで構成されている絵本。
タイポグラフィも小技をきかしているところが、
小憎らしいぐらいかわいいニャ♪

年齢も性別も問わず、広く美術に親しんでほしいという気持ちが
この絵本シリーズの企画を生んだのだろうか。
じーつーにすばらしいことである。
絵や音楽に親しみ、楽しんでもらうには、規則づくめじゃダメさのさ。
アタマでっかちじゃダメなのさ。
もっともっと、『モノを感じる気持ち』に自由でいないとね。

これからが楽しみな美術館も地方にちらほら。
posted by おふみ at 17:28| Comment(0) | 画集・作品集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月29日

おうちが美術館【1】MUSEUM ABC

ひとことで説明しよう、ニューヨークのメトロポリタン美術館
METOROPOLITAN MUSEUM OF ART(MOMA)がだしている知育絵本なり。
こども向け洋書ではアルファベットだけ集めたものがよくあるけど、これもその1冊。

ところが載っているのはただの絵じゃないよっ!
すべてMOMAに収蔵されている絵画、彫刻、美術品から
ピックアップされているのだから、驚き!すごい!参りました。

A is for APPLE りんごの絵は
R・リキテンシュタイン、P・セザンヌ、B・コネリーにギリシャ出土品。
著しくトリミングされているけど、んなこたぁ関係ないぐらい
ひとつひとつの美しいことったら。

moma ABC.jpg

こどもだけにはもったいない。
ささ、おうちに1冊、美術館をどうぞ。

国語と美術と歴史の勉強がいちどにできる。
というか・・・科目でわけられるものじゃないよね、勉強って。
これを授業に使ってくれる粋な先生はどこぞにいませんかね?

企画 http://www.metmuseum.org
発行 http://www.lb-kids.com
posted by おふみ at 17:55| Comment(0) | 画集・作品集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

ブルーナ♪ブルーナ♪【BLACK BEAR】

絵本作家としてなじみ深いディック・ブルーナおじさん、
じつは現役の偉大なグラフィックデザイナーなのだ。
父が経営する出版社の本の装丁をはじめたのをきっかけに、
2,000冊を超えるブックデザインを手がけている。

bruna design1.JPG

これ、ぜーんぶブルーナさんが作ったブックデザイン
すんばらし〜♪

bruna design2.JPG

ごぞんじブラックベアも、このブックデザインのシリーズから
生まれたキャラクター。
ミッフィーと同じく昔の絵の方が、
ちょっとぶっきらぼうな線で味わいがあるでしょ?

ユトレヒトのディック・ブルーナ・ハウス行きたいっ!
http://www.dickbrunahuis.com/
posted by おふみ at 15:58| Comment(0) | 画集・作品集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

美しすぎるガラスの動物園【ANIMAUX EN VERRE】

伊・トリノオリンピックを記念して一冊ご紹介。
ヴェネツィア、ムラノガラスで作られた
動物を集めた作品集。

いや〜ホント、すっばらしい。
いつ眺めても、ため息がでるばかり。
鳥もいれば、イカやタコ、魚、象からユニコーンまでいるよ。
色の鮮やかさはもとより、ほれぼれするのは
ガラスという素材の特徴を最大限に生かした曲線の美しさだ。
艶やかで、なまめかしくて、なにより愛らしい。

1920年代後半から1960年代に
ムラノガラスの陶工から新しい命を吹き込まれた動物達。
炎の中からつるりと生まれた彼らは
今にも動きだしそう!

murano glass.jpg

ビバ!イッターリア♪
posted by おふみ at 19:01| Comment(0) | 画集・作品集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

わんわんオンパレード【Dogs】

いやはや絵の達者な人だ。
デッサンもしっかりしてるが、画材の使い方を熟知している。
アクリル絵の具、ペン、パステル、水彩なんでもござれ。
おそらく描きあげる時間も早いのだろう。

ポートレートも描けば、風景画も描く。
ハンティングの1シーンを描いたものなど、情緒たっぷりなのだ。
広告畑のイラストレーターではなさそうだし、
Rien Poortvlietさん(読めね〜)、
私見だが、いわゆる挿し絵画家ではなかろうか?

rien dogs.jpg

http://www.hnabooks.com/abrams

さまざまな犬種(ただし猟犬多め)がたくさん描かれていて
まるで松花堂弁当のごとし。
どこからめくっても楽しめる一冊。
posted by おふみ at 13:32| Comment(0) | 画集・作品集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

三沢厚彦【ANIMALS】

荒々しいノミの跡が残る木彫の犬。ふてぶてしい面構えなのに、どこか憎めない。
表紙の犬の圧倒的な存在感に胸ぐら掴まれたように購入したのが彫刻家・三沢厚彦の初作品集だ。

彼が彫る動物たちはみな大きい。さすがにキリンは原寸とはいかないが(でも高さ4m近い)、犬やマントヒヒなどはほぼ原寸だ。どの動物達も、強い生命力がみなぎっている。迫力があるのに表情が愛らしい。つい撫でたくなるようなかわいらしさがある。部屋に置いておきたいな、うん。この本を買った訳はもうひとつ、ドローイングがすばらしい!
彫る前のイメージをきちんと捉える確認のためだと思うが、のびのび、いきいきしていて実にいいんだなぁ。

まだ若い人なので、これからがとっても楽しみ。彫り上げた動物達と夜な夜な一杯やってたりして・・・

misawa animals.jpg
出版社は求龍堂 http://www.kyuryudo.co.jp/
posted by おふみ at 18:10| Comment(2) | 画集・作品集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする