2011年01月05日

熊のアスリートか!計画【8】


┏━━━━━━━━━━━━━━┓
 Let's ストレッチ&マッサージ
┗━━━━━━━━━━━━━━┛


熊の体重、52〜53kgをずっとキープ。

モコモコの見た目からはわかりづらいが
肋はきちんとわかるし、太腿の筋肉も以前よりはしっかりしてきた。

元来作業犬ではないし、体型も胸幅なく、かつ胸が深め。
レトリーバーやバーニーズのような
がっちり箱形体型ではいなから
とうぜん筋肉の質や発達の度合いもちがう。

熊の体高や体型、運動量を考えると
これ以上体重しぼってしまうより
アンヨがイタタを繰り返すことを防ぎたい。

イタタになって治療するより
イタタになりにくいカラダづくりに重点を置く、これ大事っしょ。

熊になにより欲しいのは、
運動時のしなやかさ、柔軟性だ。

生まれつき固めのカラダだから、
ストレッチ&マッサージを習慣として取り入れよっと!

そう決めた大きな理由がふたつ。

ひとつは、訓練仲間のリキハナママが
愛犬ハナっちが負った十字靭帯断裂のオペ後の回復に
マッサージを懸命にしてどんどん回復してきていること。

それと、ゆーほ従業員Aくんに熊サプリの件で相談したら
「ケガの予防には入念なストレッチでしょう」と
商売っけゼロ(笑)のアドバイスをもらったこと。

お金かけずに、手間かけて。

マッサージとストレッチを
できれば毎日骨骨(コツコツ)と。

ベテラン犬への健康貯金と考え、コツコツと。


0105_rosy.jpg


posted by おふみ at 13:24| Comment(0) | Food & Health | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月09日

体調管理の難しいシーズン続く



牛にもらったのか、熊もP腹に。


itata_rosy2.jpg


「つかれちゃった・・・」


熊はめったにお腹を壊すことはないので
牛のPがウィルス性胃腸炎の疑いもある。

ホームドクターで薬をもらった時に
持病をもっているワンちゃんは体調を崩している子が多いと聞いた。

急に冷え込んだり、少し気温がゆるんだり、
2カ月ぐらいは差がありそうな
行ったり来たりの気候がカラダにこたえているとのこと。

そろそろ夏の疲れも出る頃だしな・・・

ヒトにもイヌにも
体調管理の難しいシーズンが続く。

やれやれ。


posted by おふみ at 11:58| Comment(2) | Food & Health | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

イタタ・シスターズ



牛、P腹、おなかがイタタ。

季節の変わり目はいつも不調になるので
食事制限中。


itata_may.jpg


「・・・・・はらへった」


熊、遊んでいる最中に傷めたらしく、アンヨがイタタ。
さいわい骨には異常なし。
散歩制限中。


itata_rosy.jpg


「ど〜こか〜とぉ〜〜くへ〜・・・いきぃたぁ〜〜〜い〜」


お嬢さんたち、ぐっとがまんで早よ治しましょ。
週末はおでかけが待ってるから。





posted by おふみ at 11:43| Comment(2) | Food & Health | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

荒れたパッドを手入れする




例年よりいつになくパッドが荒れている牛熊。
モ〜暑のせいもあるのかな。

ブ厚くなった角質層が乾燥、
ヒビ割れっぽくなってザラザラ、ガリガリ。
ふだんはパッドの縁の角質層を
爪ヤスリでちょいとなめらかにする程度だが、
今年はそのあと保湿をしている。

おぉ、なにかハーブ系のクリームでも作ったのか?と
思った方々、すまんの〜。
市販品でちゃちゃっとすませている次第。

ただし!
ここがミソだぜ、アロエジェル系と蜜蝋クリーム系のダブル使い。

アロエジェル系を塗りこんだ後、しばらくおいてから
蜜蝋クリームをさらに塗る。

人のお肌のお手入れと同じ。
汚れを落としたあと、
保湿のために水分を与えたら、逃げないように油分でシールド。

アロエジェル系だけだとキープ力がいまいち弱く、
いきなり蜜蝋クリーム系だと、水分がもっと欲しい。
それなら、ダブルで使えばいーじゃん。


moo_paw.jpg


アスファルトやコンクリートでなく、
もっと自然の中で、
土や砂や草の上ならこんなにパッドが荒れたりしないだろうに。

パッドの奥もただれ気味。
今年の夏はパッドに限らず、お腹や皮膚や被毛etc・・・
コンディションキープが悩ましいス。


posted by おふみ at 10:18| Comment(0) | Food & Health | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

牛もP腹おつきあい



お腹を崩してリセット中の熊。

熊がお腹くずして
牛がなんともないなんてめずらしいね、などと
鼻赤いナースと話していたら・・・

食欲がもどってきた牛も
P腹につきあうこととなった。

やれやれやっぱり。

熊のがうつったか。
そうでなくてもこんな気候じゃ腹もゆるくなるって。

ホームドクターの話でも
梅雨時はお腹を壊すワンズが多いとのこと。
関節炎が悪化する時期でもあるそうな。

ふたりとも元気と食欲はあるんだけど
消化能力がついてこないんだよね。

ゆっくりしっかり治そうや。


100713_may.jpg


「お腹すいた〜♪」

モ〜ちょいがまん。


posted by おふみ at 11:47| Comment(2) | Food & Health | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月09日

ミルクでリセット




めったにお腹をこわさない熊が、めずらしくP腹に。

いくら土間がひんやり心地よくても
この蒸し暑さじゃ胃腸もへたばるわい。

こんな時、食事はお休みにして
ミルクでリセットするわが家。

固形物の食事はひかえて胃腸を休める。
もちろん肝臓も休まる。

薬も飲ませるけれど、
それよりも消化管に休息を与える方が
回復を早めることにもなるし。

家にいられる時ならミルクは少量頻回、
すこしずつを数回に分けてね。
胃に負担をかけないよう、空腹感をひきのばさないよう。

ずっと愛用しているのは、ゆーほの「AminoComplex Labo わんこみるく」。
牛も熊もパピーの頃からずっとこれ1本っす。

お腹にやさしく、栄養がしっかりたっぷり、水分も補給でき、
しかも甘くてんまい♪(もち味見済み、うひ)

わんこみるくのスンバラスィ〜成分は、
凝り性のてんちょがアレコレ語っているので
ご興味のある方はゆーほオンラインショップでどーぞ。

https://www.yuho-online.jp/index.php

リニューアルしてから
ちょこっとした商品コメントが面白くて・・・余談。

ミルクを飲んだ熊、
さすがに腹にチカラが入らないらしく、よく寝ている。
わんこみるく、これからも頼りにしてまっせ。


100709_rosy.jpg


散歩に出るとカラ元気を出すやつ(笑)

みるく代、稼がねばのぅ。


posted by おふみ at 11:34| Comment(2) | Food & Health | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

モ〜ニング食べたくないの



食欲の秋ならぬ,食欲の四季である牛。
そんな食いしん坊の食欲が落ちるのがこの季節。

はじまりは去年だった。

いつもなら散歩の後、脚を拭き終わると台所へいき、
ごはんを作る足もとにスタンバイしている牛が
土間で寝たまんま。

呼んでも呼んでもこない。
声など聞こえなかったかのように寝たまんま。

食欲は健康のバロメーター。
食欲の塊のような子がいったいどうしたんだろう?

どこか具合でも悪いのかと心配、不安ばかりふくらんでくる。
あれこれ工夫しても朝食への食欲はわかぬまま。
かといってからだの不調もあまり見受けられず。

モ〜ニングは食べないのだが、
夕ごはんはしっかり食べてくれていたのが救いだった。

梅雨時、人間だって湿度高くて食欲落ちるし
循環は悪くなるし、すっきり気分ではすごせないからね。

朝はわんこみるくで軽めにし、しばらく様子をみていたら
朝ごはんをキッチンで待つようになったのが
梅雨があけ、夏に入ってからだった。

逆に真夏は食欲旺盛なぐらいだった、わははっ。

今年も同じことなんだろう。
ウール100%の毛皮、脱げないもんな。

元気はあるので梅雨明けを待つことにしよ。


100628_maybe.jpg


『だってアチーし! なんだかベトベトするし!』

ホントにねぇ。

毛穴をふさがれるような蒸し暑さには
冷え冷えヱビスをプシュッと♪

posted by おふみ at 11:01| Comment(0) | Food & Health | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

ハンバーグでおめでとう




先月末、二日続きで誕生日だった牛熊。

牛のお腹が不調だったせいもあり
ごちそうもなく、プレゼントもなく。

ゆっくり治して、ようやく牛のお腹も復調。
ちょいと遅くなったが
誕生日のささやかなお祝いにハンバーグを作った。

ギュ〜100%かって?
いーえ、合い挽き肉っす。


100607_1.jpg


合い挽き肉 600g
すりおろしたにんじん 1/2本
すりおろした長芋 10cmぐらい
たまご 1個
オレガノ少々


100607_1_2.jpg


玉ねぎとパン粉を使わないように考えたもの。
タネのまとまり感も、いいじゃん。


100607_2.jpg


オリーブオイルをうすく手に塗り
楕円形にタネをととのえる。
ボーン型で型抜きするからね。


100607_3.jpg


焼きながら余分な油はこまめにふきとり、
粗熱とれてから型抜き。
ふかしたカボチャもあわせて型抜き。


100607_4.jpg


100607_5.jpg


ターサイとパプリカはさっと湯がき、
ふやかしたドライに乗っけ盛りして完成〜♪

牛7歳、熊6歳。
あらためて誕生日おめでとうさん!


100607_6.jpg


もち瞬食のうえ、
穴が開くんじゃないかってぐらい器を舐めていた、わはは。

元気で健康な1年をすごしましょ。
その笑顔が見たいからまた作りましょ。


posted by おふみ at 11:47| Comment(2) | Food & Health | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

抗生剤にトホホ




先週、牛が膀胱炎を再再発した。
しかも血尿まで。

こりゃいかーん、とホームドクターで
いつもの抗生剤クロロマイセチンをもらい
飲ませていたらこんどはP腹に。

牛はお腹が弱く抗生剤が苦手。

いま動物病院で処方される抗生剤の多くはキノロン系。
製薬会社ごとに薬の名前が違っても薬効成分は同じ系列。

このキノロン系にめっぽう弱い牛、
今までいろいろな抗生剤でP腹になってしまい困っていた。

お腹の弱い牛にあう抗生剤はなかろうかと
ホームドクターに相談&お腹の様子を見ながら
ようやくたどりついたのがクロロマイセチンなのだ。

ホームドクターの説明によれば
腸内の悪玉細菌は叩くけど、善玉細菌は守ってくれる
とってもマイルドな抗生剤。

そのクロロマイセチンでP腹になってしまうとは、トホホ〜。

また抗生剤が必要なことになったら
飲ませられるのがないじゃんか。
折をみてドクターに相談しよう、そうしよう。

まずは膀胱炎を治めたいので
クロマイちゃんに胃腸薬と下痢止めも併用。

いまは抗生剤も5日間飲み終え、
引き続き胃腸薬と下痢止め飲ませつつ
ずっとわんこみるくやおかゆ食ばかりの牛。

はよ治そ〜や。


100520may.jpg


「・・・・・はらへった」

元気と食欲はある牛、今日も行き倒れ中(笑)




posted by おふみ at 11:52| Comment(3) | Food & Health | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

もしもの時に備えて



ホームドクターに聞いてみた。


「先生に診てもらえない時間帯に

 牛熊になにかおきたら

  どこの病院へかかったらいいか教えて!」



じつは2月の訓練士会で一緒に出陳したアーサー王子が
競技会当日、帰宅後に
胃捻転をおこしていたのを後から知ったのだ。

K子先生がかかりつけ医と連絡をとりあい、
飼い主のヒロポママ&S卿の迅速な行動によって
一刻を争う処置とオペがうまくいき、今はすっかり回復したアーサー王子。

ほんとうによかった。

動物病院が開いている時間に
愛犬が緊急の事態になるとは限らない。

いやむしろ、夜間だったり、休日だったりすることのほうが
多いことも考えられる。
そんなこともあり、聞いておこうと思ったのだ。

ホームドクターはこころよく2軒の動物病院を教えてくれた。
奨める理由も納得できるものだった。

あとは世間話やギョーカイ裏話などで盛りあがり、大笑い。
なーるほど、ふむふむ、そーなんすか。
こういったくだけた話の中に見え隠れする情報が
じつはとっても役に立つありがたいのものなのだ。

もしもに備えた情報収集も更新が大事。
先生いつもありがとぅーっす!


100428_rosy.jpg


早く雨あがれ。



posted by おふみ at 10:53| Comment(0) | Food & Health | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

熊のアスリートか!計画【7】


┏━━━━━━┓
 体重1.6kg減
┗━━━━━━┛


去年、冬の健康診断時の体重は55kg。

食事と運動でカラダをつくり、かつ体重をしぼりたいのだが
筋肉増えてるから、数字は変わらず。

筋肉増えてカラダがしっかりしてきてるのは大歓迎だが
関節への負担を減らすため、
モ〜ちょいしぼりたいんだよね。

熊のアスリートか!計画【2】で書いた食事メニュー、
続けてるような、続いてないような(殴)

サプリメントは
消化酵素のダイジェスティブサポートに戻し、
思いきってドライフードを
牛と同じ量にまで減らしてみたのが去年の暮れあたりだったか。

減らしたといっても10g。

ふやかして缶詰や野菜をトッピングすれば
いままでの量とほとんど変わらない。

でもね、この10g減がけっこう効くのだ。

もちろんすぐには変わらない。

こつこつ&じっくり続けること3カ月を過ぎる頃、
見た目は変わらなくても
走り方を見ていると軽やかさを感じるようになってきた。

もしかして?と期待した、先日の健康診断時の体重は
1.6kg減の53.4kgだった。

よしっ。
このまましばらく続けてみるべ。
筋肉つけて燃やしてしぼる、できればあと2〜3kg。

アスリート計画と名付けてはいても
たくさん遊べばそれでいいさ。楽しくなくっちゃ。


100414_rosy.jpg


今年こそ、Let's スイミング、でかけるよ〜♪


posted by おふみ at 11:05| Comment(0) | Food & Health | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

2010 春の健康診断



狂犬病予防接種を兼ねてホームドクターへ。

年2回受けている健康診断、去年の冬はノープロブレム。
さぁさ、今回はどうかしらん。

健康診断、いつものメニューは

●聴診
●触診
●検温
●検便
●血液検査
●心電図
●耳と眼の検査

熊はオールクリア。
目方でドーン!体重は53.4kg。
甲状腺機能低下症で飲ませている薬も適量で安定、
アンダーコートもみっしり、毛ぶきもばっちりで
シャンプー後のドライヤーが苦労するほどに、なによりぢゃ。

熊の体重コントロールについては後述。

牛は肝臓のALP値がちーと高め。
いつもこの数値だけちょい高めに出るのだが、
GOT、GPTとも正常範囲内なので気にしていない。
体重は40.5kg。

39〜40kgで安定している牛、
なんだか最近さらに脚太く、がっちり筋肉ついてきた感じなんだよね。

ま、これで一安心だね、おふたりさん。
キャラは変わらねど、来月には牛7歳、熊6歳を迎える。

大型犬の充実期だが、ベテラン期への入り口でもあるから、
元気と健康を両輪にして、ゆっくりでいいよ、遠くまでいこうや。


今回の健康診断、診察台に乗せた牛を
ドクターがなんだかいつもより念入りに触診している。

見ていると触診の手つきじゃない。
もふもふ、むぎゅむぎゅ、なでなで、のくりかえし。
なんだか表情もうっとり気味。

おかしいな〜と思って
「先生ってば、なにしてるんですか?」聞くと
はっと我に返った顔で
「いや・・・あの・・・さわり心地よくって、つい・・・」と大照れ。

モ〜、デカワンに癒されている先生ってば、ラブリー♪


100412mayrosy.jpg



昨日はクールTシャツを着せたくなるほどの陽気だったのに
今日は冬に逆戻り。
カラダがついていかないってば。



posted by おふみ at 10:29| Comment(0) | Food & Health | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

見落としていた場所



冬のあいだ軽い膀胱炎を患っていた牛、
気になるのだろう、股メンテをよくしていた。

膀胱炎はすっかり治っているはずなのに
股メンテが復活、かれこれ1週間以上。

赤くなったりしているところはないかチェックしても
原因となるようなところは見当たらず。

でもしきりと気にしてなめる。

やっぱりホームドクターに診てもらおうかと思っていたら、
散歩から帰り、牛の体を拭いていたナースが
「あーーーーーっ!ナニこれーーー?!」と声をあげた。

ここだよ、メイが気にしていたところ、と
ナースが見つけた場所を確認すると
ちょうど肛門のすぐ上、しっぽの付け根の真裏側に
4〜5cm大の膿皮症ができていてガビガビになっている。

・・・・こ、こんなところに
こんなデッカイのができていたら
気になるはずだわ。

ごめんよ、チェックがあまかった。
見落としていたよ。

かゆくても舌が届きにくいしっぽ付け根の真裏側。

最近腰のあたりに膿皮症が2〜3カ所できていたので
薬を塗ってよくなり安心していたのだが、
こんな見つけにくい場所にとんでいたとは。

ふだんと違う行動が続いていたら
もっときちんと体を調べないといかん、あぁ、反省。

デカイ膿皮症の処置、
わが家は患部のまわりの毛を短く切り、
Hilton Herbsのファーストエッセンシャルを
たっぷりふくませたコットンでデブリード。
乾いて固まった浸出液をすべて取り、
患部をきれいにし、皮膚を出してから薬ぬりぬり。

その後は、股メンテをしていないので
かゆみもおさまって薬が効いているのだろう。

熊は皮膚がセンシティブで膿皮症ができやすく、
日頃からのチェックはよくしていたのだが・・・
皮膚にトラブルの少ない牛はノーチェックに近かった。

年齢的にベテランの入り口7歳を迎える牛。
からだの免疫システムなども変化がでてきて当然だろう。

元気な毎日をすごせるよう
犬からのサインは、見落とさないようにしなくては。


maybe_100407.jpg


モ〜、かゆくないよ。
posted by おふみ at 11:51| Comment(0) | Food & Health | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

熊へのごほうび

ピクニックをおおいに楽しんだ熊へのごほうび、
第1弾は競技会に出店していたみちのくファームさんで
んまそうなおやつをどっさり買い込み。

さて第2弾はどうしようかな、
本犬に聞くのがイチバンだね。

ごほうび、なにがいい?


rosy_091110.jpg


お散歩っ♪♪♪

はいはい〜
なんと安上がりな(爆)いやいや、親思いのよい子で。

お散歩だけじゃあまりにめでたい感が少ないので
第3弾ごほうびで久しぶりに手作りごはん。
手作りなら消化もいいし
疲れている身体に栄養もしっかり摂れるだろうしね。

gohan_1_091110.jpg


今日の食材ちゃん、
地鶏の砂肝、白菜、しめじ、かぼちゃ、など。

鍋に水をはり、出汁昆布を細く切ってぱらり、
食べやすく切った砂肝と野菜をいれ、
粗挽きガーリックとローズマリーをふってぐつぐつ。
灰汁をとってから
有機リンゴ酢を加えてさましておく。

gohan_2_091110.jpg


飼い主の鶏団子鍋の出汁用に使った(笑)ブツ切り鶏もも肉と
別で蒸かしたかぼちゃ、さつまいもを添え,
パセリちらしてできあがりっす。

gohan_3_091110.jpg


作っている最中から
キッチンに居座る牛熊、あっちゅーまに瞬食!
食べ終わった後も居座っていたし、うはは。

また作るよ。

ワンコの満足げな顔をみられる手作りごはんは
飼い主も満足できるしね。
posted by おふみ at 13:38| ☔| Comment(2) | Food & Health | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

愉快でウマイ奴らがやってきた

楽しい犬のイラストが散りばめられた長〜いボックス。
ハロウィーンの土曜日にプレゼントでもらったもの。


box_PICT3396.jpg



箱の中身はなんじゃろな〜?


present_box_open_PICT3399.jpg



おぉ!わんこトリーツの詰め合わせじゃん。

素材もカラダによさげなもんばかり。
ごほうビッケとして
だいじにだいじに(笑)いただきましょ。

Thanks a Loooooooooot♪♪♪

posted by おふみ at 11:43| ☔| Comment(0) | Food & Health | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

熊のアスリートか!計画【6】

┏━━━━━━━━━┓
  坂道が効くのよ
┗━━━━━━━━━┛


後ろ脚にできるだけ筋肉をつけたい熊。
筋肉もりもり作戦どうすればいいのだ?

診察をしてくれた獣医師も、訓練士のK子先生も、
ふたりそろって同じアドバイスだった。それは

坂道で運動。

うわっ、やっぱりそうか。

っつーか、わが家は山の中腹にある住宅街なので
家をでれば周りは坂だらけ。

ふつうの散歩もトレーニングになりそうだが
いかんせん固いアスファルトでは走ったり運動させたりは不向き。

散歩コースにあるいくつかの公園の中で
草地の斜面がある場所を選んで、運動をふやすことにしよう。
斜面で遊ぶとき、犬は四駆をフルに使うので
平地で遊ぶよりときよりぐっと運動量は多くなる。

知らず知らずのうちに筋肉もりもり、へっへっへ。

モ〜ひとつ、K子先生から指導されたのは
坂で運動をはじめる前に、犬を疲れさせないこと。

運動させる公園までついでに散歩・・・などと歩いていくだけで
筋肉に疲労がたまる。
坂できっちり運動させたり遊ばせるためには
その場所までは車で移動し、犬の体力を温存する方がいい。

なるほど、さすがプロの指摘。

体はデカイけど、バッテリーちっちぇーからなぁ、うちのお嬢さん達。

さいわい車でおでかけは大好きなので
公園へ車で行くだけでごきげんになるだろう。
ごきげんな状態で遊ばせればよく動くだろうし、
行き帰りも飼い主ラクチン。

はしゃぎすぎて脚を傷めたりしないよう様子を見ながら
コツコツ続けてみよ。

mayberosy_091023.jpg


週末は牛熊放牧予定(笑)
天気予報は秋晴れだそうで、はじけてきましょかね。
posted by おふみ at 12:51| ☁| Comment(0) | Food & Health | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

'09秋 目方でドーン

金木犀は散ったのに陽射しは暑いぐらいの日曜日、
ワクチン接種にホームドクターのところへでかけた。

先月半ばに接種予定だったんだけど
牛がちょいとお腹ゆるめで、復調するまで延期していたのさ。

チックン前に聴診&検温&検便&体重測定。

ときどき肋を触り、その感触でおおよその体重は掴むようにしている。
ふだんの様子を見ていれば、動きが軽そうか重そうかも
だいたいわかるしね。
ふたりとも前回よりマイナス1kg前後と思われ。

さーて計ってみると、牛 39.5kg 熊 54.5kg。

おぉ、いい感じじゃーん。
熊のアスリートか!計画でちょいと見直した食事内容に
牛も付き合ってもらっていたので成果がでてますな。

おいしいモノが目白押しになる季節。

ガマンは体に悪いから(爆)
うまいもんはうまいときに食うよ〜。

缶詰トッピングの代わりに
焼きたて秋刀魚のっけ盛りとかね。

食事と運動を両輪にして
この秋冬はカラダづくりをすすめていこう。
あ、飼い主じゃなくて牛熊のね。


mayrosy_091019.jpg



牛「・・・んなこといって、ちゃんと秋刀魚買ってきてよ!」

熊「あはっ、あったしフルーツがいい〜〜♪」
posted by おふみ at 11:24| ☔| Comment(2) | Food & Health | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

熊のアスリートか!計画【5】

┏━━━━━━━━┓
  体重より体型
┗━━━━━━━━┛


ごはんでこつこつ作戦で
ふたたび使いはじめたサプリメント、
ゆーほのAmino Complex
【ダイエットサポートアレルゲンフリー】。

使いはじめてひと月ほど経った頃
診察時に体重を計ってもらったら減っておらず。
逆に0.5kgほど増。

これはもしや?と思い、
ゆーほオンライン・ウェブマスターこと
従業員A君に電話。

「もしもしあのさ、熊の体重減ってないんだけど
 筋肉が付いてきてるってことかな?」

「あぁそれ、正解です。
 正しい効果が出てますね、筋肉増えますから。」

「んじゃまだサプリメント続けた方がいいかな?」

「いや〜、モ〜いいんじゃないすかねぇ・・・
 あとはその付いた筋肉を動かして燃焼させれば
 さらにいい効果がでるかと」

なんて商売っ気のないことか(笑)そこが好きさ。
正直財布は助かったわん。

ダイエットサポート与え続けてふた月ほど、
夏が終わる頃から
熊の体型にも変化が見えてきた。

ウェストがくびれて、からだ全体が締まってきたんスよ。

      ・・・・・うらやまし!(殴)

体重は家では計れないのでなんともいえないが
おそらく1〜2kgほど絞れているのではなかろうか。

数字ばかりにとらわれてはいけないのがダイエット。
目方をいじるだけならいくらでもやり方がある。

『体重より体型』

これ、ゆーほ・てんちょの至言なり。

その子に合ったウェイトバランスならそれでよし。
数字ばっかり気にしちゃだめ、
日々の運動量、体型や筋肉の質をきちんと見極めなくてはね、つーこと。

最近の熊、こんな感じ。

rosy_091014.jpg


これからどんどこ運動を増やしていける季節。
楽しみながらを心がけよっと。

posted by おふみ at 11:08| ☔| Comment(0) | Food & Health | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

熊のアスリートか!計画【4】

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 筋肉もりもり作戦  毎日できる練習
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

後ろ足しっかり鍛えて筋肉もりんこにするため
夏の特別授業でK子先生から教わった新しいコマンド。
それは・・・・・・


  遠隔の停座、伏せ、立止。


そ、そいうえばまだきちんとやってなかったな〜。

これならその場の作業なので
犬もあまり動くことなく運動できるし、室内でも復習できる。
夏の暑さと犬の体力を考慮してくれたK子先生に感謝。

ことに停座と立止の繰り返しは
ほとんどヒンズースクワット、うははっ。
しかも覚えはじめなのでご褒美のトリーツも多く、
熊ご機嫌ちゃん。

まだリードをつけた状態だけど
本人(本犬)がなんか楽し〜♪って思ってくれれば
それでよし。

ついでに牛もいっしょに練習。
キャリアの差と云うのだろうか、
遠隔の3姿勢、ノープロブレムでこなしおった。

熊が小学校低学年なら
牛はモ〜中学生ってとこ。

mayrosy_090915.jpg


早くもっと涼しくなれー
posted by おふみ at 13:20| 🌁| Comment(2) | Food & Health | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

熊のアスリートか!計画【3】

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ごはんでこつこつ ダイエットふたたび
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

熊の体重、現在55kg。
肋はさわれるのでデブではないが、ちょいしぼ。

ウェイトを減らすのではなく
筋肉量を増やして太りにくいカラダづくり。
筋肉が増やせたらその量を維持。
これを目標とし、ダイエットと考える。

ダイエットとは言え、ごはんが楽しみ♪なのは人も犬もおんなじ。
急激に量を減らすのはよくないし、カラダづくりのために

ひとーつ 良質のたんぱく質を多く
ふたーつ 脂肪分をひかえめに
みーっつ 繊維質を多めに
よーっつ ビタミン&ミネラルをきちんと

ダイエットの心得4本柱は、ゆーほのてんちょから教わったこと。
できるところからはじめよ。

わが家ごはんは
ふやかしたドライに缶詰を加えるのが基本食。
あとはその時にある野菜をトッピング。
野菜がなければ発酵ベジ&フルーツを加え、
食後にわんこみるく、もしくはカスピ海ヨーグルトにフルーツ。

心得4本柱をわが家ごはんにあてはめてみると

-------------------------------------------------------------------------

>良質のたんぱく質を多く
>脂肪分をひかえめに 
 ↓↓↓↓↓
●ドライを5〜10%減量
●缶詰を、蒸したり茹でたりした肉・魚などの
 手作りローカロリー系に変更し増量

-------------------------------------------------------------------------

>繊維質を多めに
 ↓↓↓↓↓
●野菜をバランスよく多めに
●おから、納豆など豆製品をもっと活用

-------------------------------------------------------------------------

>ビタミン&ミネラルをきちんと
 ↓↓↓↓↓
●サプリメントを変更
 ダイジェスティブサポート(消化酵素)から
 ダイエットサポートアレルゲンフリーに

去年も使って効果がわかっているのでリピ。

-------------------------------------------------------------------------

めだって大きく変更はしないけど
ちょっと気を配るだけで変わってくるはず。

てんちょもゆーほBBSでよく言ってたけれど
『ダイエットは1カ月で体重の5%減をMAXとする』。

熊の場合2〜3%で計算しても1.1〜1.65kg。
ぐっと涼しくなって運動量が増やせる頃までに
軽ろやかさを少しでも取り戻せればいいな、と。

缶詰がわりの手作りローカロリー系、
チキンはこんな感じでまとめて作っとります。


【圧力鍋で蒸し鶏】

chicken1.jpg

お肉屋さんでまとめて買ってきた鶏胸肉。
皮はすべてはがして脂肪&カロリーオフ。
粗挽きガーリックとローズマリーをぱらり。



chicken2.jpg

蒸し上がったらオーガニックのりんご酢をふりかけておく。
一緒にとれるきれいなスープも、もち活用。



chicken3.jpg

この日は人間用のポトフに使ったジャガイモとにんじん、
お弁当用に茹でたブロッコリーもそえて
蒸し鶏どーん。

てな感じ。瞬食してくれ、なおうれし。

もちろん毎日ではないっすよ。
蒸し鶏などの頻度を増やしていくけど、ない時は缶詰使っちゃう。
時間のとれる週末はてづくりごはんを増やしたり、とか。

こつこつ、ゆるゆる(笑)牛歩で。

ちなみにこの蒸し鶏、
ちょいと失敬して人間もいただいておりやす、へっへっへ。
きゅうり切ってピリカラ胡麻だれかければ
棒棒鶏のできあがりなんだもの。
シュポンッ、ぐっぐっぐ〜〜〜〜〜プハ!


posted by おふみ at 12:02| ☁| Comment(0) | Food & Health | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

熊のアスリートか!計画【2】

┏━━━━━━━━━━━━━━┓
 リハビリプールにチャレンジ
┗━━━━━━━━━━━━━━┛

熊を診てくれた動物病院担当医から勧められた
筋肉もりもり作戦のための運動は、坂道トレーニングと水泳。

暑い時期の坂道トレーニングはできないので
まず水泳から。

熊を泳がせる時の勉強にもなるかな、と
病院のリハビリ施設のひとつ、プールを利用させてもらった。

リハビリプール以外にも、ジェットバス、バランシングボード、
トレッドミル(ランニングマシーン)をはじめ
レーザー治療器、低周波治療器などなど
人間の整形外科リハビリで使う設備が揃っている。

カラダの機能回復、状態によっては現状維持をするためにも
リハビリテーションはとっても大事。人も犬もね。

この病院では、スタッフにまかせっきりにするのではなく、
飼い主さんが犬と一緒に努力しましょう、という趣旨から
リハビリ広場と呼ばれている。

担当医がリハビリ・インストラクターの先生に
熊の診察結果を申し送り、
あわせてふだん運動時の様子も伝えた。

インストラクターの先生、
こちらの話をじっくり聞いたあと話してくれたのは

 「カラダが固く、動きがぎこちないのは
  筋肉を大きく使えていないのでは。

  関節には可動域があって、その範囲内なら筋肉が動かせるというもの。
  前脚と後ろ足では可動域(筋肉が動かせる範囲と角度)が違う。

  ただし違和感や痛みなどがあると、動かしたくてもままならず
  違和感を感じない狭い範囲でしか動かせない。
  それがカラダの固さやぎこちなさの一因かも。

  リハビリプールなら浮力があるので
  関節への負担が楽になるから
  もっと大きく筋肉が動かせるように続けてみましょう」と。

はーい先生、よろしくお願いします。

説明を受け、さぁおいでーと熊を呼ぶが
リハプールを前に思いっきりドン引き。
しまったなぁ、事前にもっと熊に話をしておくんだった。

プールの幅は60cm、長さは5mほどだろうか
濁り温泉のように底が見えないし、
いったい何をされるのかわからなくて怖さ倍増らしい。

涙目で抵抗、暴れる熊を
インストラクター先生自らじゃぼじゃぼプールに入り誘導。
飼い主シスターズはサイドから励ましフォロー、
おっかなびっくり足を踏み出した熊、
『あ、あ・・・・あ? 足、着く〜〜〜♪』と深さがわかってようやく一安心。

歩けるとわかってしまえばずんずんとプールを往復、
途中休憩を入れながら、水中ウォーキングをがんばった熊。
水に浸る、歩く、いろいろな感覚を学んだね。

リハプールの後は,冷えたカラダを暖めるため
マイクロバブルバスでリラックス。


rosy_pool_090810_2.jpg


マイクロバブル、噂には聞いていたけど
マッサージ効果もあるので採用しているそうだ。
バスタブを見ているとほんとうに細かな泡が浮いてきているよ。

しっかり暖まったあとはエアコンプレッサー使ってドライング。
なにがうれしいって、
業務用でハイパワーだから乾かすのに時間がかからないし、
タオルも貸してもらえること。

熊がつかってるバスタブの横にあるのがリハビリプール。
付き添いはもちろん熊専属のお大事に姐さんが、うははっ。


rosy_pool_090810_1.jpg


おそらく熊史上、最高レベルで思考停止中〜(爆)

rosy_pool_090810_3.jpg


・・・・・・ここはだれ? あたちはどこ?


初リハの後は、インストラクターの先生から
皮膚の状態、疲れ具合やカラダの動かし方など
全体の様子をよく観察してほしいと伝えられた。

続けていくためにはプールの水が合っているか、
運動量が適切だったかなど、見極めていかないとね。

ロージーよくがんばったね、おつかれちゃーん。

熊をリードで誘導しながらプールサイドを歩いていた飼い主、
濡れた足もとですべってこけ、本日筋肉痛イテテ(泣)。
posted by おふみ at 16:19| ☔| Comment(4) | Food & Health | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月31日

熊のアスリートか!計画はじまる

【1】熊のカラダ くまなく調べる


(ちょいと長いっすよ〜。)


アンヨがイタタを繰り返す熊。
前脚だったり、後ろ脚だったり。

ふだんの熊を見ていると体が固いんだよね。
同年齢の犬と比べて動きにスムーズ感がないし、
起き上がりの時など、ベテラン犬のようにこわばってぎこちない。
走り方も後ろ足をそろえたままで
うさぎ跳びっぽいのがいまだに抜けず。

どうもおかしいな・・・・・と、ずっと思っていた。

今からこうなら老後はどうなっちまうんだ?!
熊のカラダがどうなっているのか
いちどきちんと調べねば。

調べるなら整形外科が得意なところで徹底的に、つーわけで
みなとよこはま動物病院(旧永岡犬猫病院)を受診。

触診で体全体のバランス、筋肉のつき方から
関節の可動範囲、負荷をかけた時の反応を診てもらう。
くわえて頸椎からつま先までレントゲン。

外科的な要素以外にも内科的・神経的な原因も考えられるので
血液検査で炎症反応やリウマチ因子の有無もチェック。

ドクターの診断結果は
後ろ足の発達が未熟、とくに大腿二頭筋が貧弱で
5才齢の大型犬ならもっとがっちりした太ももと腰回りである、と。

後ろ足の筋肉がひ弱なわけはレントゲンを見ながら説明を受けた。

ノーマルな股関節を丸いボールとカップにたとえると
熊の股関節のボールは、なめらかな球状の中にやや直線的な部分が
受け皿のカップ側に見られる。

カップとボールははまってはいるが
後ろ足に負荷がかかると、
その直線的な部分になんらかの違和感がありふんばれない。
ふんばれないので、どうしてもかばうような歩様となり、
筋肉がついてこないそうで。

な、なるほど・・・・!

くわえて脊椎もノーマルな箇所以外に
骨がやせて老化がはじまっているところが数カ所見受けられる。

まだ5歳なのに?
体が固いわけはそれもあるのかぁ・・・・

幸いだったのは内科的な要因、
腫瘍や神経系の異常、リウマチ因子はないし
肩と前脚はほぼ問題がないこと。

脚を傷めたのは、何かの拍子に
ちょっとひねったか軽くくじいたのではないか、ということだった。

あ〜くわしく診てもらってすっきり。
それで先生、今後どうすればよいのでしょうか相談すると

【体重をしぼる】
【後ろ足に筋肉をつける】

・・・・うわっ、
体重減らして筋肉増強って、まるでアスリートじゃんか!

う〜む、スポーツ選手並みのダイエットだけど
モ〜いちどしっかり熊のカラダづくりに取り組もう。
むこう1〜2年が勝負どころだね。

体重は1年ぐらいかけてゆっくり減らしてくださいねって。
さすが、ドクターわかってらっしゃる。
筋肉をつけるための運動はK子先生にも相談だ。


rosy_090731.jpg


さぁ、熊のアスリートか!計画はじまりなのである。

その前に夏の特別授業、なんとかしなくては〜!(爆)


posted by おふみ at 14:03| ☔| Comment(5) | Food & Health | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

シンクロP

昨日の朝散歩、いつもの公園で遊んだ牛熊、
気持ちよくトイレットタイム。

やっぱり運動するとお腹も動くんだね。
よーし、よし。

あらっ? あららっ? あらららぁ〜〜〜〜〜〜〜???

ふたりそろってP腹かーい?

元気はあるんだけど、ねぇ。
こんなコトまでシンクロしなくてもええよ?

めったにお腹を壊さない熊まで牛とおんなじ状態。
はじめての食べ物あげたわけでなし、
なにかウィルスでももらっちまったか。

つーわけで、昨日から食断ち。
水分補給を兼ねてゆーほのわんこみるくのみ。

うらめしげな眼差しで人のごはんを見ているが
食べたりせずに、よけいなモノは早いこと出しちゃったほうが
胃腸も休まり回復は早い。

モ〜ちょい辛抱。
すぐに笑顔でお散歩できるからさ。

kawaii_maybe_090624.jpg


人間だって体調崩し気味になる梅雨時。
わんこだっておんなじ。

ホームドクターは皮膚トラブルの来院が多くなってきたと云っていたし。
K子先生によれば、体調崩してる犬多いです、と。

みなみなさま、ワンコともども
ご自愛のほど。

posted by おふみ at 11:34| ☔| Comment(0) | Food & Health | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

ちっちゃなことが気になるの

ふだんからパッドの奥が炎症気味で赤くしている牛。
かゆいのだろう、なめていることが多い。

先週の日曜日、
くっちゃくっちゃ、にっちゃにっちゃ、べーろんべーろんと
いつもより頻繁になめている。

あまりになめているので様子を見ると
あらら!右前足の甲をなめ壊してただれてるじゃんか!

ピーポーピーポー、こりゃイカンと
すぐになめ防止に室内用の靴を履かせたら
固まりやがる。

靴を履かされた右足を上げちまって骨折でもしたのかい?

バレリーナみたいにつま先をちょこんと床につけては
アイタタタタタてな感じでびっこ。
しまいにはなんてひどい仕打ちをするの?といわんばかりの
涙目でこっちを見るし。

・・・・・・・・あのね、きみね、大げさすぎ(爆)

散歩で週1〜2回は靴を履かせているから
靴がはじめてじゃないでしょ。

散歩で履かせているのは後ろ足なのだが、
室内で前足に履かされたことが
牛にとってはそりゃモ〜大事(おおごと)らしい。

飼い主にとってはちっちゃなことなんだけどね。

靴イヤだからなんとかして脱いでやる!
とアタマを使うタイプでなし。

強迫神経症の患者みたいにどよ〜んとして室内うろうろ。

靴を履かせるか、
エリザベスカラーをつけるか、どちらにしようか考えて
ストレスが少ないであろう靴を選択したのに・・・・しっかりぃ!

やっと慣れたのは4〜5日経ったころ。

梅雨時のじめじめで
なめ壊した箇所も赤みやじくじく、あまりひかず。
ホームドクターに診てもらって
内服薬&ぬり薬継続中。

maybe_090619.jpg


・・・・・・ちっちゃなことだから気になるの!!

posted by おふみ at 12:02| ☁| Comment(5) | Food & Health | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

牛の二毛作

先週土曜日、予定どおり牛の抜糸を終えた。

2週間お散歩禁止だったので
獣医さんへいくまで弾けるように歩き、テンションの高いこと。
無理もないよなぁ。

T先生からラボからの検査レポをもらったけど
画数の多い難しい漢字がやたらと並んでいて
まるで外国語のよう。

先生、結果をひとことで云うと「はなまる」ってことでしょ?と聞くと
そのとおりです、と笑って答えてくれた。

帰宅して休む牛の姿は
のびのび、はればれと、気持ちよさげ。

気になることがひとーつ・・・・

OPE時に大きく刈り込まれた2カ所が思いっきり短毛。
まわりがふさふさなままなので
なんだか二毛作みたいだよぅ。

maybe_090518.jpg

うん、このアングルなら二毛作が見えない(爆)

夜中にトトロに踊ってもらおうか,毛よはえろ〜〜〜っぱっ!
posted by おふみ at 10:56| ☔| Comment(3) | Food & Health | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

牛 病理検査モ〜だいじょぶ

牛の病理検査の結果を
ホームドクターT先生がメールで速報いれてくれた。

『毛包上皮腫、類表皮のう胞とのこと
 良性なので問題ないですよ』

質の悪いモノではなさそうだったけど
やれやれ、これで一安心。

mayberosy_090513_1.jpg

食欲全開、今朝の牛。
熊も負けじとわっしわっし。


mayberosy_090513_2.jpg

よかったねぇ、お嬢さん。

牛「えっ、おかわりでるの?」

週末に抜糸したら
ひさしぶりにみんなでお散歩いこう。


mayberosy_090513_3.jpg

熊「メイおねーたんと散歩いける〜♪」

牛「おかわり、でないのか・・・・」

これでビールもさらにうまく飲めるってもんさ。

posted by おふみ at 11:34| ☔| Comment(2) | Food & Health | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

牛 順調に回復中

5/2にオペを受けた牛、順調に回復中っす。

うなじ、右肩、腰の上部から採った
計4個のコリコリのうち3個はさくらんぼ大、
残り1個はあずき大だった。

オペの話は繰り返し聞かせていたけれど
聞くのと受けるのはまったく別物。
病院へ迎えにいったら、飼い主の顔見て軽いパニック状態に。

無理もない。
ストレスとダメージは受けたのは牛自身、
へとへとにくたびれたことだろう。

えらいぞ、ほんとうによくがんばったね。

衣装持ちの牛、迷わずつなぎタイプを着せて
傷口カバー&熊のおヨダコーティング攻撃を防ぐ。

うなじの傷が襟からでてしまうので
飼い主のネックウォーマーをちくちくと即席で縫い付け
カラーリングも楽しげな、なんちゃって看護服に改造。

maybe_090506_1.jpg


熱でほてった体を土間で冷やし中。
伏せ方がりきんでいてぎこちないのがつらそうだ。

デキモノ全般に油断のならない犬種なので
ラボへ検体送り詳しく調べてもらっている最中。
前回同様、良性の脂肪腫だといいな。

maybe_090506_2.jpg


「モ〜毎日ごちそう食べなきゃ治らないの!」

凹んだ表情を笑顔にもどさなきゃね?と
連休スペシャルでとり農園のフレッシュミンチ、トッピング中^^



posted by おふみ at 11:52| Comment(6) | Food & Health | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

2009 春の健康診断

狂犬病予防接種と健康診断を受けてきた牛熊。

今回は心電図と心音図も追加。
連休前半に牛がちょいとオペを予定しているので
術前チェックも兼ねて、ね。

結果はふたりとも問題なし。

わずかに値が高めに出た項目もなくはないが
誤差の範囲内と考えてよいですよ、と、
ホームドクターからは合格点をもらえた。

牛のオペは
肩に1カ所、腰に2カ所、コリっとしたデキモノがあり
それを摘出してもらもの。

見つけたのは2〜3年前かな、
最初は固めのニキビぐらいの感触だったし、
モノのできやすい体質なので経過を見ていた。

わずかずつではあるけれど大きくなってきて
1cmを超え、盛りあがってきたので
これ以上大きくならないうちに取ってもらうことにした。

前回デキモノを取った時は
ブルマー風なんちゃってパンツで傷口をカバーしたけど、
今回は洋服を着せておけばカバーできるし
牛はなめたくても届かない場所。

今年のGW、
牛の看護&ダンボールの片付けがわが家の予定っす。

cherry_090422.jpg

あ〜おい さくらんぼ〜♪

under_cherry_090422.jpg


おーい、毛虫に注意だよ。
posted by おふみ at 11:17| Comment(4) | Food & Health | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

スウィートな犬

ピクニック競技会に一緒にチャレンジした
マダム・ヒロポからいただいたおみやげ。

So sweetな犬のかわいいこと!

dogchoco_PICT2635.jpg

【WITTAMER】ヴィタメールの犬型チョコレート。
飼い主用のごほうびがわり、わんわん♪。

dogchoco_PICT2637.jpg

シルエットから推察するに
シュナか、テリア系かな?

ごちそうさまでした、と云いたいところだが
く、食えないっス(爆)
つーことで、あらためて・・・・Thanks so much!
posted by おふみ at 11:07| Comment(0) | Food & Health | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

冬の健康診断

春と秋、年2回をこころがけている牛と熊の健康診断。
去年の11月頃受ける予定がのびのびになってしまったんだけど
ちょいと疑うところあって受けることにした。

ホームドクターにいつもお願いしているのは
基本の聴診、触診、検便に血液検査、心電図。

病院へ連れて行ったのが遅い時間だったこともあり、
今回は血液検査のみオーダー。

検査の結果、
牛は異常なし、ぴかぴか健康優良児、39.4kg。

熊の結果は予想通り、
甲状腺機能低下症がすすんでいることを示すものだった。

最近からだの何カ所かにうすらハゲが復活していること。

食事量も増やさず、ダイエットサポートサプリも続けているのに
がっちりと太ってきていること。

あぁ、やっぱりそうだったか。
代謝も落ちているんだろうな〜。
ちなみに11月末の計測時より3kg増の56.7kgだった。

ずっと薬を飲ませてはいるけれど
いまの量では足りないホルモンを補いきれないのかも。
ドクターと相談し、
薬の量を増やし、モ〜しばらく様子を見ることにしたよ。

みっしりと毛が復活してきたし、うまくいけば薬切れるかな〜?
なんて思っていたが、思うようにはいきませんな。

ハゲ撲滅運動再開、おー!

rosy_smile_090119.jpg

そんなこたぁ関係なしに元気はつらつな熊。
posted by おふみ at 16:38| Comment(0) | Food & Health | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

毛根復活

毛生え薬の広告じゃないよっ。

熊が甲状腺機能低下症とわかり、お薬を飲みはじめて3カ月。

その後の経過だが
うれしいことに順調なペースで回復してきている。

足りなくなった甲状腺ホルモンを補うという
シンプルきわまりない治療プランでも
薬に対して反応がにぶい個体や
まったく効果が見えない個体もいると
ホームドクターから聞いていた。

さいわい熊はお薬にすなおに反応、よく効いてきて、毛根復活!

色素沈着した皮膚がもろに見えていた夏、
まだらハゲ状態がどんどんすすんでしまったら
ジャイアントヘアレスドッグになってしまうのかっ?と
心配していたんだけど、ふつうの犬に見えるようにきた。

・・・・・よ、よかったス。

rosy 081113_1.jpg

新しく生えてきた毛は毛質のコンディションよく
やわらかく、みっしりと復活中。
首のちょっとくせっ毛ぽいウネウネ加減が
お気に入りなのはナース妹とK子先生。

rosy 081113_2.jpg

フルコートにはほど遠いけど
のんびりいこ。
posted by おふみ at 11:08| Comment(6) | Food & Health | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

ローズマリー・ア・ラ・ダイエット

まだらハゲの熊、甲状腺ホルモン剤の内服治療以外に
じつはモ〜ひとつ、同時進行中のプログラムがあるのだ。

それはダイエット。

獣医さんの診察台に乗っている熊の体重見て、
わが目を疑った。
ごじゅーろくてんにぃなな、って・・・・・56.27kg!!

いかーん、これはいかんぞっ。
ベスト体重を50〜51kgでキープしていたのに。

考えられる要因はみっつ、
その1:脚を傷めていたので運動不足が続いていた
その2:カロリー高めのハイプロテインフードをお試しで食べていた
その3:甲状腺機能低下で食欲増進

これらの要因、期間がぴったりと重なるのだ。
消費するより摂取する栄養とカロリーが多けりゃ
体重乗ってあったりまえ。

ハイプロテインフードはサンプル程度に3kg袋買っただけなので
さっそくいつものフードに戻し、
目方でドーン『ローズマリー・ア・ラ・イヤ〜ン・ダイエット』でぃ。

食事量は加減できても、運動量を多くすることができない季節なので
ゆーほのアミノコンプレックス製品のひとつ、
『ダイエットサポート・アレルゲンフリー』をお初で試してみることに。

てんちょ入魂のサプリで、
-----------------------------------------------------------------------
アレルゲンフリーの本来の効果は、「減量!」というよりは筋肉量 のアップという点にあり。
筋肉量が増えれば基礎代謝が上がり、同じ運動量でも大きなエネルギーを消費。
これにより、ムダな脂肪の燃焼をうながす事につながり、リバウンドしにくいボディになる。
この考え方は、活動犬や競技犬の筋量維持という意味でも有効で、云々・・・・・
-----------------------------------------------------------------------
くわしくは 『ゆーほ・オンライン』でご覧あれ。
http://www.yuho-online.net/

『ダイエットサポート・アレルゲンフリー』試すこと2週間弱、
起き上がり方に難儀な感じが見られなくなり、
歩様も軽やかな印象になってきた、よしよし。

再診で測った体重も-3kgの53kg台に!

・・・・・・す、すげーーーー!!

こんなに短期間に体重しぼれるなんて考えもしなかったよん。
モ〜少しゆっくりペースでもいいぐらいだけど・・・
ダイジェスティブサポート(消化酵素)との併用もよかったんだろうな、
安心して使えて、きちんと効果がでる、さすがてんちょ。

つーか、飲もうかなマジで >自分(爆)

rosy080827.jpg

あたし毎日元気だよっ♪by熊
posted by おふみ at 11:38| Comment(6) | Food & Health | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

まだらハゲの原因

スキントラブル中の熊。

ブラッシングのダメージによるものと思い、策を講じていたが
どうも様子がおかしい。

ブラッシングを控えているのに
脱毛がどんどん進んでいくのだ。

ブラッシングダメージのない
首や背中、腰、脛の部分まで毛が抜けてスカスカ。
地肌は黒ずんでまだら模様でハゲ状態。

こりゃ皮膚表面だけの問題ではない、と、
先日謎の呼吸不全で受診した際にあわせて検査を依頼、その結果は

甲状腺機能低下症。

からだの細胞を活発にするはたらきを持つ
甲状腺ホルモンがほとんど分泌されていないことがわかった。

甲状腺機能低下症は
甲状腺の機能そのものが悪くなっている原発性と
他の病気が起因となりその影響で甲状腺機能低下の症状が出る場合と
大きくふたつに分かれるそうで。

熊は幸い(?)前者の原発性。
治療方法は甲状腺ホルモン製剤をずっと飲み続けるのみ。
足りないものは外から補う、という至極単純なこと。

単純だけど
薬の量は減らすことができても、ほぼ治ることはなく、
ペット保険も加入できない病気のひとつ。

・・・・まいった、
内分泌系をやられるとは予想だにしなかった。

コンチクショー!

遺伝やストレスが原因とされるので
もしや合宿所生活のせいか?とも考えたけど
症状がでていたのはボロ家の頃からなのでストレスではないと思われる。

薬は人間が甲状腺機能低下になった時に飲むのと同じもの。
あぁ、扶養家族に入れたいぞと心底思う。

ハゲても元気だけど、
ハゲたままにはしておかないもんね。

秋のオフ会の頃にはふさふさになってるといいな・・・・

rosy080813.jpg

謎の呼吸不全はいまのところ再発なーし。
posted by おふみ at 11:07| Comment(4) | Food & Health | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月04日

なぞの脱毛と真夜中の呼吸不全

合宿生活1週間、
部屋でK-WANプロレスできるようになった牛と熊。
ヘソ天昼寝姿もちらほら、慣れてきた証拠っす。

スキントラブル中の熊に心配ごとが加わった。

ハーブローションでパッティング&マッサージを日々行うも
なんだか毛が抜けている範囲がじょじょに広がってきている。
ブラッシングのダメージを受けていない部分まで
アンダーコートが抜けてスッカスカ、皮膚が見えている。

こりゃおかしいよ。
皮膚表面だけの問題ではないのでは、う〜む・・・・

そんな熊が真夜中、急性の呼吸不全のような症状を起こした。

夕ご飯をおえ、横になって静かに寝ているときに
ちょっと体を起こしたと思ったら
鼻か喉の奥になにかモノでも詰まっているような感じで
いびきか喘息の発作のような、
苦しげな「グーーーーーッ」「ズーーーーーーッ」という
ひきつれた音をほぼ同じリズムでし始めたのだ。

口は閉じ、舌は出しておらず、チアノーゼもない。

ただ、きちんと呼吸ができていないようで
だんだん虚ろな目になり、
瞳が反転して意識が遠のくような表情をするので
名前を呼ぶと、ふっと意識を戻すような感じを何度もくりかえした。

ナース妹とふたりで喉や胸をさすったり様子をみていても治まる様子がみられず、
不安で胸がしめつけられとても長い時間に感じたが
実際は5分ほど、10分は続いていないと思われ。

これを30分以内に2度くりかえした。

モノが詰まったような引き攣れた音が治まった後は
舌を出して喘ぎ、普通に呼吸していたがかなり疲れた様子でその後は寝ていた熊。
元気食欲ともにあり、散歩もふつうにでかけていて
変わった様子はまったくなかったのに。

つーわけで週末はホームドクター受診。

スキントラブルは、ダニなし、ノミなし、アカラスなし、
毛根の休止期間が長くなっているだけならいいいが
内分泌系も疑わしいので、甲状腺ホルモンも含めて血液検査中。

なぞの呼吸不全は「逆くしゃみ症候群」が疑わしいとのこと。

原因がわかれば対策をたてられる。
早う治してやりたや。

rosy skin 080804.jpg

これが2週間ほど前の状態。いまはもっと抜けている(涙)
散歩時に日焼けどめ塗ろうか真剣に考え中。
posted by おふみ at 11:06| Comment(4) | Food & Health | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

スキントラブル・リカバリー作戦その1【清潔】

ブラッシングによるスキントラブルをかかえている熊。

背中の皮膚がべたつくし、赤黒い部分が広がってる気もするし、
こんなこと今まで一度もなかったからとっても心配。
ホームドクターへ受診にでかけた。

話を聞いてくれた先生、コートをかき分け皮膚を見て
確かめるように鼻を近づけ、匂いをくんくん。

「せ、先生・・・・まさか・・・アカラスでは?」
 
「いいえ、ちがいますよ。
 
 おそらく
 ブラッシングのダメージで
 炎症をおこした皮膚が早く修復しようとして
 ターンオーバーのサイクルやバランスが崩れているようです。

 とくに背中は皮脂腺がもっとも集中しているところなので
 過剰分泌されている皮脂がふだんより多く
 ベタついているんですね。

 まずはシャンプーして、余分な皮脂をしっかり落とし
 皮膚を清潔に保ちましょう」

あぁ、よかった。
はいわかりました、さっそくシャンプーします。

ふだん使っているシャンプーはテルメディック。
汚れ落ちよし、すすぎ早し、乾き早しの優れもの。

なにかと頼りにしている、ゆーほの従業員Aくんに確認したところ

「テルメディックのpHは強アルカリ性なので
 皮脂やや取りすぎの傾向がなきにしもあらず。
 テルメシャンプーのあとはリンス代わりに酸性水ですすぐのが
 皮膚のpHバランスをもどすためにはベストなんです」とのこと。

う〜む、そうであったのか知らなかった(殴)
いままで洗いっぱですませてしまっていたよ。

テルメ以外で薦められたのが
弱酸性で皮脂汚れをおとしてくれる
ラファンシーズのディープクレンジングシャンプー。
次回試そうっと。


rosy 080722.jpg


皮脂をソフトに洗い落とし、まずは清潔を保ちませう。
posted by おふみ at 11:26| Comment(0) | Food & Health | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

センシティブスキンなの

冬毛から夏毛へかわる換毛期は
ブラッシングもたいへん。
ブラシをかけてもかけても毛が抜けるので気分はエンドレス。

わが家はファミネーターをメインに使い、
体の場所によって別のブラシやコーム、と使い分けている。

ふだんのブラッシングは週2〜3回、ナース妹が担当。
仕事をきっちりやる性質ゆえ
ブラッシングもついつい夢中になりがちで・・・
やっちまいました、スリッカーバーン。

いわゆる「ブラシ負け」で
強すぎるブラッシングのため
皮膚がダメージ受けて炎症をおこしてしまうのだ。

とくに熊。
おおらかキャラからは想像できない
スーパー・ウルトラ・センシティブスキン。

ごっそりとアンダーコートが抜けた場所は
トップコートがぽそぽそっとある程度で皮膚が見えている。

コートでカバーされていない炎症を起こして赤くなった皮膚が
日焼けのせいか、色素沈着をおこしてしまって、
ベルガーの淡いベビーピンクの皮膚が
ヘアレスドッグみたいなまだら模様になっちまった。

ごめんよ〜υυυ

1箇所ではなく・・・・・
太もも、首、背中、肩・・・・・
とくに背中は皮脂でベトつくトラブルつき。

ごっ、ごめんよ〜〜〜〜υυυυυυ

本犬は気にしてないんだけど、見た目に痛々しい。
コンディションのよい冬毛が生えてくるよう
至急対策を練らねばイカーン。


rosy 080708.jpg

 『スキン&コート、
  たとえるなら、被毛は作物、皮膚は畑。
  土壌(皮膚)が悪けりゃ作物(被毛)育たず、チョイナチョイナ〜』
byてんちょ


かたや牛。
ガンガンにブラッシングかけても
皮膚へのダメージ、あったことがない。

モ〜しかして、君ってば、ツラの皮が厚い?
posted by おふみ at 14:01| Comment(2) | Food & Health | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

ひとつき遅れのバースディごはん

誕生日のごちそうが延期になっていた牛と熊。
最近わりとお腹の調子が安定しているので
おめでとう♪の気持ちをごはんで表現してみた。

salmon1.jpg

・・・どーよ? この脂の乗り具合。


刺身用の大トロサーモンのっけ盛りでぃ!


salmon2.jpg


ベースフードにしている
ふやかしたドライが見えなくなるぐらいてんこ盛り♪
真ん中は蒸かした新じゃがさん。

海苔をぱらりと散らして、見た目に勝手に満足してから
全体をよく混ぜ、はいどうぞ。

もち瞬食♪

食器に穴があくのでは?と思うほど
いつまでもなめてたね。

以前は野菜たっぷりの煮込みスープをよく作っていたけど、
人と比べて腸の短いワンコは野菜を消化するのが苦手。
良質のタンパク質をきちんととらせるトッピングが
最近の牛熊ごはんの傾向っす。

ワンコうまうま、飼い主らくちん、大助かり。

ちなみに飼い主の夕ご飯ものっけ盛り系に。
すし飯に刻んだ大葉と、すりゴマたっぷりふってから・・・

maguro1.jpg

まぐろどーん♪

maguro2.jpg

ごっつぁんでした。
posted by おふみ at 11:50| Comment(4) | Food & Health | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

目方でドーン

うははっ、またタイトルで年代がバレ・・・・。

健康診断時に計ってもらった体重、メモ代わりに書いておこうっと。

牛 36.5kg
熊 51.5kg

熊、体型は変わったけど、体重は半年前と変わらず。

牛はお腹が整わないことが2〜3カ月続いた影響で
前回よりー2kg。

どうりで走りっぷりが軽やかなわけだよ。
このぐらいの方が関節には負担がかからなくていいかも。

でもダイエットのやり方として
P腹の繰り返しは不健康そのもの。
消化のよい、良質なタンパク質をしっかり摂って
37〜38kgあたりで夏を乗り越えたい。

まだ軽くびっこをひく熊は今週も散歩禁止中。
運動できないので食事もカロリーひかえめ。
モ〜1、2kgしぼって49〜50kg台にしたいなり。

mekata de doon.jpg

写真は足を傷める前にパチリ。

-----------------------------------------------------

ちょいと余談

『目方でドーン』(これタイトルだっけか?)って
おもしろいTV番組だったよな〜。

いろいろな意味でスリリングな要素がいっぱいだったのを
コドモゴコロに(爆)覚えている。
posted by おふみ at 12:03| Comment(2) | Food & Health | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

'08春の健康診断&供血ドナーの申し出

年2回受けている健康診断と、狂犬病予防接種をかねて
ホームドクターのH動物病院へ。

若き院長先生は、
ビビリの牛もオッケーな、おだやかでやさしいお人柄。

丁寧に診てくれるし、いろいろな質問にもよく答えてくれる。
病院情報などもオープンに教えてもらえるので
お世話になりっぱなしなのである。

開院5年目を迎え混むことが多くなったので
事前に比較的空いている時間を教えてもらってからでかけた。

健康診断は、心音、呼吸音、膓音に検便と血液検査。
心電図は去年暮れに受けているので今回はパス。

健康診断とあわせて
前から協力したいと考えていた供血ドナーの申し出をした。

先月末、輸血や投薬など懸命の治療の甲斐なく、
虹の橋へ渡った犬のことが院長先生のブログに書かれていたのだ。

先代牛犬が原因のわからないひどい貧血で病んだこともあり、
うちのチビ達でお役にたてることがあれば、協力したい。

知らない遠くの動物病院へでかけるのは難しいけど
近くならすぐに行けるしね。

輸血で持ちなおせるのなら、
いつでも連れてきますから、と院長先生に伝えると、

「本来なら僕が供血できる犬を飼っていないといけないんですが・・・」

「何いってるんですか!
 先生のワンコ(チワワ)から血抜いたらヤバすぎでしょ」

「あはは、やっぱり?」

調べてもらった血液型は
メイビー:DEA(+)陽性
ロージー:DEA(ー)陰性 と判明。

院長先生の説明では
メイビーは陽性なので、輸血を受けることはできても供血はNG。
ロージーが陰性なので、供血犬として協力できるとのこと。

そうか、万一の際はロージーからメイビーへ輸血できる。

肝心の血液検査の結果、牛は問題なーし(・・・・ほっ)
熊は総コレステロール値が高い以外ほぼOK。

maybe&rosy@ground.jpg

健康は宝物。
posted by おふみ at 11:07| Comment(2) | Food & Health | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

食いしん坊バンザイ2代目あらわる

わが家の食いしん坊バンザイは、牛。
3度のメシより4度のメシが好きな食欲の四季の子である。

最近牛に負けず劣らぬ、食いしん坊バンザイ2代目があわわれた。
熊である。
理由はわからないが、昨秋から食欲が安定してきて
ごはんをよく食べるようになったのだ。

以前はごはんそのものにさほど興味をしめさず
作ってはため息をつかれたり、残されたりしていた。
食べていても、途中でなんども顔をあげ
私か妹がそばにいるか確認し、「がんばれ」と励まされて
ようやく食べ終えていたのに・・・・

ごはんを作る間は
牛と一緒に台所で待機。(・・・・せ、せまいっυυυ)

せーので食べはじめると、モ〜牛並みの食いつきかたで
1度も顔をあげずにわっし!わっし!とごはんを食べる熊。

また云うけど・・・まるで犬みたい。

へたすりゃ牛より先に完食ぺろりんりん。
ったくモ〜、チビの時はさんざん心配かけてからに・・・・・

rosy@himawari.JPG

熊「えへへっ、あたちずーっとゴハン大好きだよ」

参考になるやらならぬやら、最近の熊ごはん1回量っす。
これを朝晩2回。
-----------------------------------------------------
○ドライフード:130〜150g(体調や運動量で加減)
 たっぷりのお湯でふやかし

○缶詰:180〜200g(レギュラーサイズ缶を牛と1/2ずつ)
 ふやかしたドライと混ぜ混ぜ

○上記にその時ある野菜を1〜3種類トッピング

○サプリメント:消化酵素はかかさず

○食後はゆーほ・わんこみるくかヨーグルト+果物
----------------------------------------------------
いま使っているドライフードは
ティンバーウルフオーガニクス・オーシャンブルー。
運動をしっかりした時はイノーバ・エボもプラス。
トータルの給与量は変わらないよう、7:3ほどの割合で。

何を与えたか、ではなく、
どのぐらい吸収しているか、が肝心肝心。
posted by おふみ at 16:54| Comment(4) | Food & Health | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする