2016年09月07日

音楽が聴こえてくるよ



玄関に飾っている絵を架け替えた。

兄と(勝手に)慕う、大好きなおにいのイラストレーション。
フレームも、もちろん新調。


DSCN1088_五十嵐イラスト.jpg


コンサート・ポスターの仕事をお願いした時の原画、
大切にしまっておいたのさ。


DSCN1089_五十嵐イラスト.jpg


んん〜〜♪ ウェルカム・マーチが聴こえてくる♪


DSCN1090_玄関ギャラリー.jpg




hadami 「お客様の声」新しく掲載しました。
Facebook ガラスビーズとコードの組み合わせをご紹介しています。
BLOG   9/1 更新しました。
 メールご注文受付中、商品リーフレット2016年版お送りします。
 ●ご希望部数
 ●お名前
 ●ご住所 を
hadamiodm★gmail.com ( ★ → @ )までお便りくださいまし。



posted by おふみ at 00:11| Comment(0) | ハウス&ホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

王子仕様



怪獣王子、散歩デビューまではデッキと階段が遊び場。

極太のおみ足にできるだけ負担がかからないように
階段に人工芝を敷いた。

ガーデニング店やホームセンター3軒回って
クッション性の高い厚手のものを採択。

んま〜、なんて贅沢な(笑)


PICT0395_デッキ王子仕様_BLOG.jpg


贅沢なだけじゃないよ、
脱走しないよう塀の下側はケージパネルを固定(笑)

お気にめしまして?


PICT0375_はちふせ横顔_BLOG.jpg




hadami 「コード修理について」サイトに追加しました。
Facebook ガラスビーズとコーディネイトの組み合わせをご紹介しています。。
 メールご注文受付中、商品リーフレット2016年版お送りします。
 ●ご希望部数
 ●お名前
 ●ご住所 を
hadamiodm★gmail.com ( ★ → @ )までお便りくださいまし。



posted by おふみ at 00:25| Comment(0) | ハウス&ホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月30日

大型犬とごろごろできるちいさな家【35】


┏━━━━━━━━━━━━┓
 はじめての塗装リフォーム
┗━━━━━━━━━━━━┛

建てて丸3年が経ったKennel House。

破風には雨の黒筋が、木塀は色褪せ薄くなってきた。
とくに人も犬もよく出入りするデッキはほぼ半分ハゲ。

木材が傷む前に塗装リフォームを建てた工務店へ依頼。
塗料は同じキシラデコール、色はマホガニーかな。

最初の塗り直しをいつやるかで、
その後のメンテナンス時期に差がでるそうで。
3年目はちょうどいい頃合いらしい。
今でしょ(笑)

破風は足場を組み、塗装屋さんがまる二日作業して終了。

Before

paint_1.jpg

After

paint_2.jpg


Before

paint_3.jpg


After

paint_4.jpg


Before

paint_5.jpg


After

paint_6.jpg


ぜんぜんちがう〜♪

デッキと塀なら自分でもできそうだ。
次は自分でやってみようかな>嫌いじゃないしDIY。
なにより諭吉っつぁんの節約になるのだ。

*******************************

hadami 商品リーフレットお送りします。
 ●ご希望部数
 ●お名前
 ●ご住所 を
hadamiodm●gmail.com ( ● → @ )までお便りくださいまし。


posted by おふみ at 00:18| Comment(5) | ハウス&ホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月24日

大型犬とごろごろできるちいさな家【34】


┏━━━━━━━┓
 真夏もカラッと
┗━━━━━━━┛

3年目を迎えたKennel House。

シスターズそろってエアコン嫌いなので
居間は扇風機で涼をとるだけ、日中の室温は30〜31度。

汗が出るような数字だが、数字ほどには暑さを感じない。

それは室内の湿気が少なく、わりとカラッとしているから。
あぁ、老体に助かるわぃ。

日本の夏がつらいのは湿気の多さ。
これを少なくするだけで過ごしやすさがぐっと違ってくる。

ひんやり土間から体をあたためにでてきた熊、
室温30度、ちょうどお昼頃でこんな顔。


rosyrosy0824_1.jpg

ぼへ〜〜〜


あえぎもなく、垂れるのは鼻水ぐらいか(笑)

牛より暑さに強い熊なれど
さすがにずっと居間にはいられず
しばらくすると土間に涼みにもどるけど、ね。

カラッとKennel House、
人よりもワンズ思いの家であることがうれしいのぅ。

さて、おやつ食べよか〜?


rosyrosy0824_2.jpg


るんるんるんるんるんるん
るんるんるんるん


posted by おふみ at 00:20| Comment(2) | ハウス&ホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月11日

大型犬とごろごろできるちいさな家【33】




┏━━━━━━━━━┓
 リードフックを追加
┗━━━━━━━━━┛


新しいリードフックを塀の外、駐車スペース側に追加した。

駐車スペース横にあるちいさな庭は、牛熊のトイレ。

ここで散歩前にすませたウンチョスを
「待て」のコマンドかけ、リードを離してから片づけているが
道路へ飛び出さない保証はない。

片づけるあいだだけ、
ちょいと気軽にひっかけられるカタチでいいんだけどな〜と
オンラインショップを探していたら
お、ケーナインヒッチが新デザインになってるじゃん。

さっそく購入、取りつけたっつーわけ。


hitch_1.jpg


新ケーナインヒッチは
ゴールデン、プードル、ダルメシアンの3種類。

・・・・・・・・バニはないんだな?
・・・・・・・・ベルガーもないんだな?

「ちょいちょいと顔黒く塗ってベルガー風にしたら?」by 鼻赤いナース

うはは、その手があったか!


hitch_2.jpg


ふいに猫が目の前を横切っても、これで安心。



posted by おふみ at 09:45| Comment(0) | ハウス&ホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

大型犬とごろごろできるちいさな家【32】




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 なんちゃってフレーム  ミッド・サマー
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


毎月変えて楽しも♪と、思っていても
ついついほったらかし状態になりつつある
玄関のなんちゃってフレーム。

お正月のあとは、2月と4月に変えたかな〜(汗)

2月、ヴィンテージのバレンタインカードのあとは
4月にブルーナの在りし日の写真を飾った。
ブルーナの祥月命日だったし。

ま、いつも『犬』というテーマは変わらないんだけどさ。

夏の暑さに負けないように、
キュートで、元気がでそうな絵柄の
ヴィンテージカードをフレームイン。


boad_left.jpg


いーじゃん♪


boad_right.jpg


小さなカードもまとめて飾ればボリユーム感出せるし。


boad_2010aug.jpg


真ん中のブルーナはそのまんま。


鼻赤いナースに「フレーム変えたんだけど、どぉ?」と
聞いてみたら、「あっ? そうなの?」とのたまった。

やっぱ見てねーし! チクソー(泣)

おまけに夏風邪うつされたし!!


posted by おふみ at 12:17| Comment(0) | ハウス&ホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

大型犬とごろごろできるちいさな家【31】



┏━━━━━━━━━━━━━┓
  今年の夏も土間1号2号
┗━━━━━━━━━━━━━┛



建て替えて2度目の夏を迎えた今年も、
ひんやり土間は牛熊のお気に入り場所。

火山灰シラス壁+墨モルタル床で梅雨時もカラっと、
たった1台のエアコンも、もちろん土間に設置(笑)

犬の匂いもせず、空気はきれい。

おーい、土間1号2号ーー!


domadoma_1.jpg


「・・・・・・・・ん?」

あのさ、モ〜ちょっと離れたら
もっと涼しいんじゃないのかな。



domadoma_2.jpg


「うごけない・・・・」

朝散歩のあとはごはんができるまで
土間で行き倒れているのであった。

ひさしぶりの雨に暑さも小休止、ふぅ。


posted by おふみ at 10:30| Comment(2) | ハウス&ホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

大型犬とごろごろできるちいさな家【30】



┏━━━━━━━━━━━┓
  梅雨時もカラッと
┗━━━━━━━━━━━┛


2年目の夏を迎えるKennel House。

毛穴をふさぐような蒸し暑い梅雨時も
室内に湿気はこもらず、カラッとしている。

牛熊も土間メインでごろごろ過ごしたり、
さほど暑くない日は
リビングのあちこちで行き倒れていたり(笑)

いや〜湿気がないって、ほんとラク。

人はもとより
ウール100%のロン毛が脱げない犬にとっても負担が少ない。

おまけに室内干しの洗濯物も今までよりずっと早く乾く。
しかも独特のいやな匂いゼロ、これには大助かり。

室内気候の心地よさ、
いままで漆喰壁の効能云々と書いてきたのだが、
基本的なコトをまちがえておりまして・・・

漆喰壁ではなく、正しくは「シラス壁」。
シラス火山灰から作られた『薩摩中霧島壁』っす。

100%自然素材だから、安心。
梅雨時は湿気を吸って、乾燥する冬は放出。
消臭機能もばっちり、犬臭いと云われたこともなし。

ふむふむ、いいことづくめだったのか、と
今さらながら気づいてゴメン、ショーイチ君。許せ(爆)

壁にもたれると、ひんやり。
冷たすぎないやさしいひんやり感とでも云おうか。

モア詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。
リフォームもOKっすよ。
http://www.shirasukabe.com/

梅雨時もカラッとなKennel Houseで
少しでも長生きするよーに!


100712_mayrosy.jpg


早く土間にいれろってば・・・


posted by おふみ at 13:51| Comment(0) | ハウス&ホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

大型犬とごろごろできるちいさな家【29】




┏━━━━━━━━━━━┓
  動線を妨げるやつら
┗━━━━━━━━━━━┛


動線は間取りを考えるうえでとっても大事なもの。
ハウジングやインテリアの本にもよく載っている。

以前暮らしていたボロ家は
動線がムダに長いところや
交差したり使いにくくなってしまってるところが
あちこちあった。

The Kennel Houseは
それらの問題点を洗い出し、建築家と工務店に相談しながら
幾度も検討を重ね、間取りプランを練り上げて建て替えた。

だから動線がスムーズ、すっきりとここちよい。
しかーし! この動線を妨げるやつらが約2名。



玄関へ出る引き戸の前で・・・・

100519_1.jpg



キッチンへの通り道が・・・・・

100519_2.jpg



トイレへ行くにも
洗面所へ行くにも障害物が・・・・


100519_3.jpg



モ〜〜〜〜邪魔なんですけどっ!と
むやみに怒れない。

犬の立場から考えれば
動線の途中、ちょっと狭くなってるところって
巣穴っぽくて居心地いい場所なんだよね。

背中が壁にぴったりつけられるほどよい狭さ。
同時に群れの動きを観察できる視野も確保。

そういえばボロ家でも
廊下の壁際、狭めなところでよく寝ていたな。

広くのびのびできる場所だけでなく、
ひっそりと隠れられる場所も犬には必須。

あらためて思い知らされつつ
今日も牛熊をまたぎながらの動線なのである。



posted by おふみ at 11:07| Comment(2) | ハウス&ホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

大型犬とごろごろできるちいさな家【28】

┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ヘソ天寝はリラックスの証拠
┗━━━━━━━━━━━━━━━┛


新居に引っ越し、はじめての冬を迎える頃から
牛のヘソ天寝姿をより多く見かけるようになってきた。

はじめてのヘソ天は夏、土間でだったかな。
あぁひんやりして気持ちいいんだね、ぐらいに思っていたが。

秋になり冬になって
ますますヘソ天度が高くなってきた。
飼い主のふとんでヘソ天スヤスヤ寝がいちばん多く。


hesoten_010215_2.jpg


やっとほんとうに新居に慣れて
リラックスしてきたんだろうな。

それが証拠に、
仮住まいの合宿所では一度もヘソ天寝をしなかった牛。
熊でさえしなかった。

やっぱり安心できる場所ではないと
うすうす、いや、本能的にわかっていたのだろう。

大型犬とゴロゴロできる小さな家を
安心できる巣として認めてくれたのが
ヘソ天寝なんだと思っている。

やれやれ、ほっとしたよ。

でもさ〜
リラックスしすぎじゃね?


hesoten010215_1.jpg


こたつに寄っかかってヘソ天、
ケモノとしてどうかと思うが・・・(笑)

週はじめからあられもない姿、モ〜しわけない。


posted by おふみ at 11:54| Comment(2) | ハウス&ホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

大型犬とごろごろできるちいさな家【27】


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 なんちゃってフレーム  め組をチェンジ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


2010年1月、玄関のなんちゃってフレームは
ウェルカム『め組』(笑)


0202_1.jpg



月も替わり、模様替えをば。

お気に入りのヴィンテージ・バレンタインカードを
飾ってみたら、明るくっていい感じじゃん。


0202_3.jpg


0202_4.jpg


0202_5.jpg


額に入れると
表情もぐっとあらたまって見えてるのが
フレームマジック。


0202_2.jpg



ねぇねぇ新しいディスプレイどぉよ?とナースに聞いてみたら
「あ、変わってたんだ?」とのたまった。

モ〜〜、いぢけてやる!



posted by おふみ at 11:03| 🌁| Comment(2) | ハウス&ホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

大型犬とごろごろできるちいさな家【26】



┏━━━━━━━┓
 選べる居心地
┗━━━━━━━┛


建て替えた新居で過ごす冬は
人も犬もはじめて。

お陽さまのチカラで家をあたためるOMソーラー、
プラス補助暖房(温水床暖房)のおかげで
今の時期でも朝の室温は18℃前後をキープ。
ほっこりとしたあたたかさをしみじみ実感しとります。

牛熊の様子を見ていると
それぞれが心地よさげな場所を選んでごろごろ過ごしている。

驚いたのが寒いっつーのに
冷え冷え土間にいることがけっこう多いのだ。

夏涼しく過ごせるように、とは考えたけれど
冬もこんなに利用するとは思わなんだ。
やっぱ毛皮付きはちがうんだね。

食事や散歩の後は体温も高め、土間率高し。


0125maybe.jpg


土間で涼んだ後は(笑)
テーブルの下とか、飼い主のふとんとか、
こたつに寄りかかってご〜ろごろ。

このお方は定位置ね(爆)


0125rosy.jpg


牛熊が心地よく過ごせる場所の選択肢を設けたごろごろハウス。
それぞれ好きな場所を選んでくれてるようで、よかったよかった。

ちなみに冬の土間、飼い主はモ〜さぶくていられまへん!
従兄が送ってくれた山ほどの野菜や果物の
臨時食品庫として活躍中なり、うはは。



posted by おふみ at 11:29| ☁| Comment(0) | ハウス&ホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

大型犬とごろごろできるちいさな家【25】

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 なんちゃってフレーム Xmasバージョン
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



飾る期間は短いけれど
飾れば楽しいクリスマスグッズ。

玄関のなんちゃってフレーム、
12月限定のディスプレイに模様替え。

ぜったいに新居で飾るんだ!と
合宿所で仮住まい中に買っておいた(笑)
クリスマスリース。


09Xmas_1.jpg


ポップアップ絵本のマジシャン、ロバート・サブダ作。
絵本と同じく、たたんであるカード状態から
開け〜ゴマでこのとおり。

ふつうは玄関ドアに飾るのだろうけど
引き戸のためこっちのフレームに。

このリースを中心に
フレームの左側はワンコのクリスマスカードを、
右側はオーナメントを配してみたよ。


09Xmas_2.jpg


イタリアの口拭きガラスに1点ずつ手描きされたイラストが
ほのぼのとかわいいドッグハウスオーナメント。


09Xmas_3.jpg


透明ボトルの中は雪をイメージさせる
きらきら&しゃらしゃらがとってもきれい。
本物のツリーに飾ったらもっときれいなんだろうな。

posted by おふみ at 11:22| 🌁| Comment(0) | ハウス&ホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月24日

大型犬とごろごろできるちいさな家【24】

┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
 なんちゃってフレーム衣替え
┗━━━━━━━━━━━━━━━┛



衣替えでは服のようだね、
正しくは、ディスプレイの模様替え、かな。

玄関はいってすぐ左手にある、
棟梁のアイディアから生まれたなんちゃってフレーム。
飾ってあるグラフィックを新鮮にしたくて模様替えした。

お気に入りの犬柄カードを額装。
ビビッドな色をベースにすると、あらら絵画チック。


welcomeboad_new_1.jpg


植物と犬の組み合わせが
個性的なボタニカルアートみたいで好きなのさ。

おちゃめなしっぽブラシ犬は
これまた大好きなサビニャックさんのポストカード。


welcomeboad_new_2.jpg


ちいちゃなフレームに入れたのは
K9Tシャツについていたタグ。


welcomeboad_new_2.jpg


エッチングかな、ペン画だろうか、
洒落たデザインなので捨てるに忍びなく。

Kennel Houseたるもの、
このぐらいしなくては、なーんてね。
全体はこんなレイアウト。


welcomeboad_new_4.jpg



額にいれるだけで小さなカードも
表情がぐっと変わる。
気軽に変えられるインテリアのアクセント。
フレームマジックとでもいいましょうかね、いいっすよ。

けっこう気に入ってま♪
posted by おふみ at 11:13| ☁| Comment(0) | ハウス&ホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

大型犬とごろごろできるちいさな家【23】


┏━━━━━━━━━━━━┓
 クールに大活躍の土間
┗━━━━━━━━━━━━┛

湿度が高く過ごしにくいニッポンの夏を
できるだけ過ごしやすく、と考えた土間。
設計打ち合せでは何度も検討した。

結果から書くと
飼い主の想定よりはるかに心地いいようで。
・・・・・あぁ、よかった。

床がずっとひんやりしているので
散歩や運動の後、呼吸が整うのがとても早い。
暑くて喘いでいたのが
10分もたたずに、おだやかな鼻呼吸に落ち着いているのだ。
モ〜おどろき。

循環器への負荷が減らせているっつーことは
カラダへの負担が減らせていること。
すこしでも長生きのお手伝いができるといいな。

漆喰壁の調湿機能で梅雨時でもからっとしていた。
ニオイも吸着効果あるようで。

逆に失敗した〜と思ったのが
床に切った60cm角の溝。
運悪くチッコがトイレトレーのシーツからはずれてしまうと
溝を伝ってチッコが広がるのぢゃ〜〜〜(大汗)


doma_090820.jpg


あいかわらずのパラレルシスターズ。
扇風機の風に腹毛がそよいでなんとも心地よさげ。

おーい、ちょっと涼ましてちょ。



posted by おふみ at 17:05| ☁| Comment(0) | ハウス&ホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

大型犬とごろごろできるちいさな家【22】

┏━━━━━━━━┓
 牛の開き@土間
┗━━━━━━━━┛


ひんやり土間で休むことは多くなっても
なぜかヘソ天しなかった牛。

ようやく開きをお披露目、うはは。


doma_0908041.jpg


牛も熊もからだのどこかしらをかならず壁にくっつけている。
安心するのかな。

ふたりできっちり目地に沿ってL字で寝てるし。
几帳面なおじょうさんたちだこと。


doma_0908042.jpg



今週末、土間の引き戸にちょいと造作をしてもらう。
鍵付きの引手金具を取り付けるのさ。

土間にいれば引き戸を開けて出ないだろうと思っていたら
ガングロおじょうさんがあっちゅー間に開け閉め覚えて(爆)

右に開かなきゃ左に押せばいいやって、
レッスンでつっかかってるのに
余計なことにアタマ働かすでなーい。
posted by おふみ at 11:43| 🌁| Comment(0) | ハウス&ホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

大型犬とごろごろできるちいさな家【21】

┏━━━━━━━━━━━━━━┓
  ひんやり土間でまったり  
┗━━━━━━━━━━━━━━┛


牛熊がすこしでも蒸し暑い夏を
快適にすごしてもらえるよう考えた土間。
ねんのためエアコンに扇風機、空調設備もスタンバイ。

その日の陽気で扇風機つけたり
エアコンの除湿オンしてみたり、調整している。
ちなみに今日はエアコン除湿オン。

床暖房をひかないエリアにしてコンクリート+墨モルタル仕上げ。
いつもひんやり&からっとしていて
人の汗もはやくひくし、
チビ達の呼吸が整うのもはやい。

気温があがるにつれ
土間にいる時間が長くなってきている牛熊。
すずしいところは教えなくてもカラダでわかるからね。

・・・・・よかった。
気に入ってくれてるようっすね。

そのここちよさを熊がお伝えするそうで。


doma_1_090713.jpg



おーーい、口が開いちゃってるよ。
無防備300%。


doma_2_090713.jpg



ビミョーに離れた距離に牛(笑)

置いてある水もぬるくならずに冷たさキープ中。

週末は冷やした「よなよなエール」を
土間でくーーーーーーーーっといこか。

posted by おふみ at 13:12| ☁| Comment(0) | ハウス&ホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

大型犬とごろごろできるちいさな家【20】


┏━━━━━━━━━━━┓
┃ ウェルカム・ボード ┃
┗━━━━━━━━━━━┛

棟梁に作ってもらった玄関のなんちゃってフレーム。
いろいろ飾ってみたなりよ。

季節感を出そうと思ってたんだけど・・・
まるでなし(爆)


welcomeboad_1.jpg



今日の日直当番とか、夕食の献立とか、
貼りだしておこうかな。

激カワイイ子バニ、
いわなきゃクッキーの缶蓋とは思うまい。

welcomeboad_2.jpg


気が向いたらまた変えようっと。
それはいつだ?うははっ。

posted by おふみ at 09:50| ☔| Comment(4) | ハウス&ホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

大型犬とごろごろできるちいさな家【19】

┏━━━━━━━━━━┓
┃  棟梁におねだり ┃
┗━━━━━━━━━━┛

じゃーん。
棟梁におねだりしてつくってもらった箱。

bowltable_1.jpg

どんな用途で使うのかというと・・・・これ。

bowltable_2.jpg


牛熊の新しい食器台でぃ!

合宿所で仮住まいしている時に
ALESSIの犬用食器をSALEで買ったはいいけれど
想定外にデカクって(汗)。

ちょうど合うサイズの食器台がなかなか見つからず
そうだ!ないなら作ればいいんじゃん、と
竣工前に棟梁におねだりしておいたのだ。

『どうせならさ、台以外にも
 なんか使えるようにしておくよ』

わ〜い、棟梁ってば好きよん♪

しかもできれば4個欲しいなどと、わがままいい放題。
いやいや、犬が4頭に増えるというわけではなーい。

小さくてしっかりした箱って、
高いところのモノを取る時の台にできたり、
あるとなにかと便利なのさ。

どのぐらいしっかり造ってあるかと云うと・・・・
飼い主が踏んでも壊れない!(アーム筆箱のCM風)
どーだスゴイだろっ。


bowltable_3.jpg


あぁ、やっと土間に鎮座。

ステンレスのボウルだけ取り外せるので
もっぱら水飲みボウルで使用中なり。

posted by おふみ at 11:04| ☔| Comment(2) | ハウス&ホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

大型犬とごろごろできる小さな家【18】

┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃   リードホルダーつけたよ  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━┛


気に入ったリードホルダーを見っけ。
土間Dog Roomに取り付けた。

いつのまにやら増えている
カラーやリードなど散歩用品の収納は
ひとめでわかること、
すぐ取り出せること、
ぱっとしまえること、
これ大事。

えんやこら取り付けて、
カラーやリードをフックにかけて
・・・・・・うちは犬具屋かっ!と
思わず自分でつっこんだよ。

leash holder_1.jpg

いったい何頭いるんでございましょ。

leash holder_2.jpg


クールな骨型リードホルダーはアメリカのHarry Barkerのもの。
しっかりした造りでベリグー。
http://www.harrybarker.com/


たどたどしい日本語しかできない飼い主、
BAD TAILさんから購入。店長、ありがとゥース。
http://badtail.com/index.html


リードホルダー、じつはこの3つでまだ足りず
土間の反対側にバーフックを取り付け、
そっちにもチェーンやら、チョークバッグやら
いろいろ下げてある。

だって、ほら、
犬具って消耗品だからさ、ねぇ? 
posted by おふみ at 14:38| Comment(4) | ハウス&ホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

大型犬とごろごろできる小さな家【17】

┏━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 棟梁のグッドアイディア ┃
┗━━━━━━━━━━━━━┛

何度も重ねた設計打ち合わせ時ではなく、
現場で生まれたアイディアがある。

それがこれ、有孔ボードのフレーム。

有孔ボードとは読んで字のごとし、小さな穴が空いていて
音楽室の壁などによく使われたりする板。

goodidea_boad_1.jpg

こちらは玄関。

goodidea_boad_2.jpg

こちらは箱階段左側の壁。

設計図面では玄関と箱階段脇をしっくい壁ではなく
有孔ボードで仕上げる予定だった。

現場を見に行った時、ちょうどボードの搬入日で
運び込まれたボードをしげしげと眺めていたら
「そのボード、どうしたいの?」と棟梁に聞かれた。

「絵とか、写真とか、カードとか、
 バシバシいっぱい貼って飾りたいの」

「それならさ、
 ボードを額縁みたいにフレームで囲んだらどう?
 それならいろんなもの貼ったりできるだろ。
 壁はしっくいで仕上げた方が断然きれいだからさ。」

「そうするっ♪♪♪」

棟梁のグッドアイディアで作ってもらった
通称なんちゃってフレーム。
まだなにも貼ってないんだけど、きれい(殴)

しかもフレームが外してあっても
壁がきれいに見えるような仕掛けにして、とオーダー。

棟梁、ありがとース!
posted by おふみ at 10:55| Comment(0) | ハウス&ホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月26日

大型犬とごろごろできる小さな家【16】

┏━━━━━━━━━━━━━┓
┃ リードフックつけたよ  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━┛

(E)HEY!にリードフックをとりつけたよん。

hook_up_090326.jpg


たかがリードフックと云うなかれ。
犬と暮らすには大切なギアのひとつ。

仮住まい中からあれこれ考えながらずっと探していた。

犬グッズ関連で売られているものは
デザインはいいけど強度に不安があったり、
よさげなものは値段がアホか!とつっこみたくなるぐらい高かったり。

大工さんや職人さんが行くような
金物屋で金具のカタログ見て、店で実際に手に取って
決めたのは船舶金具。

ステンレス製で雨・水に強い。
ジョイントがなく一体成形で強度に問題なし。
同じ型が何個でも手に入る。
そして安い。

用途と使い方はアイディア次第だからね。
船舶用具を家で使ってもいいじゃん。

hook_maybe_090326.jpg


大型犬の使用例、うははっ。
posted by おふみ at 11:19| Comment(2) | ハウス&ホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

大型犬とごろごろできる小さな家【15】

┏━━━━━━━━┓
┃  (E)HEY!   ┃
┗━━━━━━━━┛

かっこいい塀、と読めた方、正解(殴)

引っ越し後の工事になっていた塀ができあがり〜。
玄関ドアと同じ色でコーディネイトっす。

hey_1_090318.jpg


ちょっと腰掛けることもできるよう
一番上の板は柱と同じ幅にしてもらった。
夏はデッキでビールでも、うひ♪

hey_2_090318.jpg


ショーイチ君と何度も検討した高さもちょうどいい感じ。
牛熊が顔をのぞかせることができる高さ。

hey_3_090318.jpg

あとはリードフックを取りつけなければね。
posted by おふみ at 11:17| Comment(3) | ハウス&ホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

大型犬とごろごろできる小さな家【14】

┏━━━━━━━━━━━┓
┃ エリア限定公開なの ┃
┗━━━━━━━━━━━┛

新居にもどって
K子先生に一番最初に云われたのが『エリア限定』。

牛熊とも、いきなりすべての部屋をフリーにするのではなく、
エリアを限定してじょじょに環境に慣らしてあげるように。

はーい。

いくら飼い主と一緒とはいえ
牛熊にとっては知ってる場所なのに「器が」違うのは
なんとも理解しがたいことだろうからね。

まずはみんなでごろごろできる
リビングと寝室、それと土間Dog Room。

それ以外の場所は
ありあまるダンボールでちょいとゲートを作り
人だけが行き来できるようにしたよ。
The Kennel House is ダンボールハウス〜♪

これって、
トイレトレーニングを終えたパピーを部屋に出す時
範囲をだんだん広くして慣らしていくのとおんなじだ。

確かめながら少しずつ。

新しいことやものを学ぶのに
パピーだとか、成犬だとかはあまり関係がない。

その犬の消化能力に応じて、が肝心。

HEY_090313.jpg


リビングから出られるデッキと、板塀工事中の1枚。
影のパターンがおしゃれなテキスタイルみたい。
posted by おふみ at 11:21| Comment(2) | ハウス&ホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

大型犬とごろごろできる小さな家【13】

本日撮れたて、うしくま@玄関。

maybe&rosy@entrance_090305.jpg


環境の変化にほとんど体調もくずさず
毎日ごはんをわっしわっしと食べる日々。
ま、なみだ目はいつものことで。

ひさしぶりのお天気に、朝の散歩もうきうきだったね。

maybe@entrance_090305.jpg

おひさま〜♪


足洗い場はこちら。
水栓柱と蛇口は、シンプルなデザインをネットで探しまくったっす。

いや〜、エクステリアとガーデニング用品って
なんだか別世界でモノを探している感じだった、
これについてはまたあらためて・・・・

rosy@entrance_090305.jpg

ZZZZZzzzzz・・・・・・
寝とるがな。

maybe&rosy_laydown_090305.jpg

写真ばっかり撮ってないで
お腹減ったから早く家へ入れて!

はいはい、
だって板塀で囲われるまでの期間限定の眺めなんだもの、許せ。
posted by おふみ at 14:49| Comment(2) | ハウス&ホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

大型犬とごろごろできるちいさな家【12】

┏━━━━━━━━━━━━┓
┃ 新居は大きな犬小屋  ┃
┗━━━━━━━━━━━━┛

サバイバル生活は3日間で終了、やれやれ・・・。
愚痴ってすっきりしたし、うははっ。

引っ越したばかりは
うちのなかは収容されていない荷物のダンボールだらけ。
ま、囲まれてる狭い空間って妙に落ち着くんだけども(笑)

とてもじゃないけど
ご覧いただけるような代物ではなく、へい。
引っ越し前に撮った写真、お披露目させていただきやす。

これからはじまる外構工事、門のあたりから見たアプローチ。
ステップの高さは、犬に負担のかからないと言われる10cm。
1段の奥行きは牛と熊の体長から割り出し、足4本がきちんと乗る寸法。
すべらないよう、墨モルタルはクシ目仕上げで。

entrance1_090304.jpg



足洗い場を設けた玄関。
写真右下ぎりぎりに見えているのがステンレス水栓柱。
ぱっと見、洗い場があるとわからないよう、
グレーチングもフラットなデザインでさりげなく、ね。

entrance2_090304.jpg



墨モルタルはクシ目仕上げのDog Room、通称「土間」。
土間左奥には水洗便器をつけ、ウンチョス スグ アディオス。
しっくい壁に通してもらった梁は
カラーやリードをかけるフック用。

doma_dogroom_090304.jpg



牛熊のバリケンは旧500と呼ばれるでっかいサイズ。
ただ部屋に置くだけではその上の空間がもったいないので
バリケンを組み込んだ収納棚、どーん。
あっしとナース妹の寝室の間仕切り兼用。

valiken_090304.jpg


う〜〜む、こうやって書くと
建築家から「The Kennel House」と命名されたのがよぉ〜っくわかる。

木と漆喰の自然素材でできた、ひとも入れる大きな犬小屋だ!

お疲れモードの牛熊、その様子はぼちぼちと・・・・ヘい。
posted by おふみ at 11:38| Comment(3) | ハウス&ホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

大型犬とごろごろできるちいさな家【11】

┏━━━━━━━━━━━━┓
┃ 新居でサバイバル生活 ┃
┗━━━━━━━━━━━━┛

7ヶ月半におよんだ合宿所生活におさらばし
引っ越しを終え戻った新居。

じつは新居なのにリフォームしなけりゃならん事態が続いていた。

♪ちゃぁら〜ら〜ら〜ら〜ら〜ら〜ら〜ら〜
(某TV局のリフォーム番組のピアノのテーマ曲)

・・・な、なんということでしょう!

洗濯機のサイズを連絡してあったのに
洗面所に洗濯機が入らないじゃん。

・・・なな、なんということでしょう!!

玄関はいってすぐの引き戸ふたつのデザインが
まるで違うじゃん。

・・・ななな、なんということでしょう!!!

続けて使うからと連絡済みのIHコンロ、
コンセントの型が違ってプラグが差し込めず、使えないじゃん。
しかもそれがわかったのが引っ越し当日。

・・・ダメじゃん。

逆なんということでしょう3連発。

家づくりのプロなら
鍵の引き渡し式とかイベントするよりも、
細かなことでも確認を怠らず
きっちり、しっかり、作ってくれませんかね?!

やっとやっと戻れたのに
引っ越し疲れに加えて精神的疲労度300%アップ。

建築家の先生にThe Kennel Houseと名付けられた新居、
その片鱗がキッチンのタイルにも。

kitchin_0_090303.jpg

穴にもぐっていくのはだれだ?

kitchin_1_090303.jpg

おぅ!君だったのかぃ、プルート。

kitichin_2_090303.jpg

遊び心はたいせつ。
片付けだって楽しくできるキッチンだもんね。

さあ、笑撃画像をお披露目しちゃうよ。
まちがいをさがせ!

kitchin_3_090303.jpg

ルルル〜
新居でサバイバル〜〜〜

・・・・・モ〜勘弁しちくりっ!
posted by おふみ at 11:30| Comment(4) | ハウス&ホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

大型犬とごろごろできるちいさな家【10】

┏━━━━━━━━━━━━┓
┃ モ〜すぐ完成かな?  ┃
┗━━━━━━━━━━━━┛

ひさしぶりに4人揃って現場へ。

外壁も塗り終わり、とっても家っぽい雰囲気になってきたね〜。
駐車スペースのコンクリート打ち作業中。

gaikan_090223.jpg

ロフトの奥に見えるのはOMソーラーのハンドリングボックス。
おひさまがあたためた空気を集めて床下へ送るんす。

階段あがって、こどもみたいに喜ぶ鼻赤いナース。

loft_090223.jpg


ロフトから見た箱階段、なんてきれいなんざましょ。
木の色合いがナチュラルなモザイクのようでなんともいい味わい。
見た目はシンプルだけど、
ふつうの階段の倍、日数と手間がかかった棟梁の労作でぃ。

box_step_090223.jpg

階段右手の棚、キッチンカウンター兼用。
リビング側を見ながら洗い物や下ごしらえができるん♪
ひとりで壁向いて料理作るのはモ〜いやだもんね。

tana_.jpg

職人さんが7〜8人忙しくお仕事中だったので
牛熊は車待機。
落ちついて待っていられるのはここがうちだと知っているからかな。

モ〜いくつ寝ると〜できあがり〜〜?
posted by おふみ at 11:42| Comment(2) | ハウス&ホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

大型犬とごろごろできる小さな家【9】

┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 続・犬のためのちいさな工夫  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛



牛と熊が涼しく過ごせるよう考えた土間Dog Room。

床はいろいろなモノが落ちたりこぼれたり。
メンテナンスなども考慮し、墨モルタル仕上げに。
きれいにつるっと仕上げてもらうのではなく、
滑りにくい工夫として、床表面にディテールをつけてもらうよう
オーダーした。

ディテールの仕上げ見本がこれ。
2パターン作ってもらって
粗いほうがクシ目、

kushime_PICT2632.jpg

細かい方がハケ目。

hakeme_PICT2633.jpg

ふたつ比べるとこんな感じ

morutaru_PICT2634.jpg

あんまり目が細かすぎても掃除がしづらいので、
クシ目をチョイスしよ。

サンプルは外壁材のあまりを利用してもらったので
サンドベージュ色だが実際は墨モルタルなのでグレーで仕上がる。

正方形のマスをつくって
たて&よこで目の方向を変えてもらおう、そうしよう。

つか、まーだこんなことしてるし、うははっ。
posted by おふみ at 14:14| Comment(2) | ハウス&ホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

大型犬とごろごろできる小さな家【8】

┏━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 本のためのちいさな工夫 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━┛

棟梁が作っている箱はロフトへあがる階段部分。

収納を兼ねている箱階段で、230mm角を1マスの基本とし、
230mm角のマスと460mm角のマスの組み合わせでできあがる。

リビング側と寝室側、両方から使えるので
リビング側は本棚として
寝室側は収納棚にしてもOK。

このサイズなら大きな写真集や絵本もどーんと入れられる♪
とっかえひっかえギャラリーみたいにしようかな、
気まぐれな本棚になるんだろうな〜

hakokaidan_090204.jpg

反りや狂いの少ない集成材。
木目のパッチワークみたいできれいだ。

hakokaidan_wood_090204.jpg

棟梁は図面を見て、金尺で寸法を確認し、
1枚ずつしっかり組み立てて作ってくれている。

おふみ「工場で組み立てた箱をはめるだけかと思った」

棟 梁「・・・・んなものは現場に持ってくると合わないしな!」

おふみ「棟梁、ありがとう」

OMduct_090204.jpg

太陽熱であたためた空気を床下へ送るOMダクト。
このまま黒筒ではイヤなのでなにか巻いて、と
ショーイチ君にリクエスト。

昨晩もあーだこーだなんだかんだと、7時半から10時まで打ち合わせ。
わがままに根気よくつきあってくれるショーイチ君に感謝感謝っス。


明日のピクニック、K子先生に聞いたら
なんとアジリティもあるそうで。
CD+IPO + AG、いやはや準備がどれだけ大変なんだろう!

お天気もよさそうだし、楽しんでこよ。


posted by おふみ at 11:23| Comment(2) | ハウス&ホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

大型犬とごろごろできる小さな家【7】

┏━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 犬のためのちいさな工夫 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━┛


玄関を入ると引き戸がふたつ。

左側はリビングへ、
右側は設計上『土間』と呼んでいるドッグルームへの入口。

doma1_090203.jpg

どこにいても目が届き、気配を感じられる、
仕切りの少ない大きな犬小屋のような間取りの中に、
犬が心地よく過ごせる場所を考えた。

それが土間ドッグルーム。

床は墨を混ぜたモルタル仕上げ、
小さなジャロジー窓を低い位置に付け
風通しをよくするとともに、
だれかさんが大好きなお外ウォッチングもできるように。

doma2_090203.jpg

散歩の後、体を拭いたりブラッシングしたり
シャワー後のドライヤーもこの土間でOK。
床暖房もはずしてあるので、ひんやり涼しく過ごしてもらえるかな、と。

tenjo_090203.jpg

土間を背にしてリビングを見たところ。
天井も貼られて部屋っぽさが出てきたね〜。

こちらはお風呂場。

bathroom_090203.jpg

鼻赤いナースの「モ〜ぜひ!」という希望で
壁の上半分はヒノキで仕上げ。
ひらがなで「ゆ」と書かれた暖簾をかけるとか(笑)

roof_090203.jpg

ふきあがった屋根には
OMソーラーの集熱パネルの設置待ちっす。
posted by おふみ at 11:56| Comment(2) | ハウス&ホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

大型犬とごろごろできる小さな家【6】

┏━━━━━━━━┓
┃ 天窓ついたよ ┃
┗━━━━━━━━┛



今年初詣は2カ所へ出かけ、ひいたおみくじのひとつは中吉。
『転居』の欄には『好機。はやくしなさい』と!(爆)

年明けて現場も5日から工事再開。
棟梁へあいさつしにでかけた。

・・・・ぱっと見は
年末の印象とあんまり変わらないかなぁ。

お、ロフトの天井に2カ所の天窓がつき、
OMのダクト用の穴もできていた。

mado_0113_PICT2550.jpg

リビングを背にして、向かって右側。

mado_0113_PICT2551.jpg

こっちは左側。
採光と通風を兼ねて設けた天窓。
ちいさな窓ってかわいい。

kugi_0113_PICT2552.jpg

窓辺に置かれた釘の束、
ぐるぐるにまとめられた形がオブジェみたい。
きれいなフォルムなのでパチリ。

断熱材がはいったとはいえ、暖房はないので
家の中は戸外と温度差なし。

寒中の作業はきびしいけれど
棟梁、たのんますぅ。
posted by おふみ at 18:44| Comment(2) | ハウス&ホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

大型犬とごろごろできるちいさな家5

┏━━━━━━━━━━┓
┃ 現場も仕事納め  ┃
┗━━━━━━━━━━┛

建て替え中の現場も昨日で仕事納め。


bousuisheet_PICT2513.jpg


外壁には防水透湿シートが貼られ、
軒下のデッキにも柱in。


dannetsuzai_081229_PICT2510.jpg

壁と屋根、断熱材がしっかりin。


kagamimochi_PICT2514.jpg


ちいさな鏡餅を飾ってくれてあって
なんだかちょっとうれしかった。

大工さんへ年内最後の差し入れは
ナース妹のアイディアで入浴剤の詰め合わせをラッピング。

年明けは作業がぐっと進みますから、と棟梁の口から直接聞けると
誰に云われるよりとっても安心できる。

入浴剤で今年の疲れを取って
来年もぜひよろしゅうお願いモ〜しあげまっす。

施工現場レポを
楽しみにしていただいているみなみなさま(爆)
再開しばしおまちくだされ〜
posted by おふみ at 18:40| Comment(0) | ハウス&ホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

大型犬とごろごろできる小さな家【4】

┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ここはあたしの家と牛がいう ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━┛


先週土曜日は大工さんに差し入れを渡しに、
日曜は訓練仲間のS卿&ヒロポさん夫妻を迎えて
なんちゃって建築現場見学会、開催〜。

お茶も出せずに(殴)失礼いたしました。

081222_1_genkan.jpg

じゃーん、窓サッシin。
あえてのアルミシルバー色、選択。
いちおう玄関から入るのね。

081222_2_bedroom.jpg

寝室の窓もin。
窓は熱がいちばん逃げる箇所なので二重サッシだよん。

081222_3_tenjo_dannetsu.jpg

屋根の断熱材も内側が二重、
外とあわせて計3層になるそうで。
おひさまの熱逃がしちゃ、もったいない、もったいない。

081222_4_nokiura.jpg

OMソーラーならではの軒裏、外気の取り入れ口。

ここからはいった空気は屋根の中をとおり、
集熱パネルでさらにあたためられ、
ダクトから床下の蓄熱コンクリートにおくられ
家中をじんわりほっこりあたためてくれる。

S卿&ヒロポさんとは家づくり談義に花が咲いた。
建築家に設計を依頼した経験者ならではの貴重なお話
とっても参考になりましたわん。

引き続き、私設現場監督官、頼みます〜^^


なんちゃって見学会のあいだ、車で待機させておいた牛熊、
トイレをさせるために出したら
牛が涙目、鼻をピィ〜、キュ〜ンと鳴らして
リードをぐんぐん引っ張りながら玄関へ突進。
必死に家へ入ろうとする。

あぁ、わかるんだねメイビー。

そうだよ、ここがほんとうのおうち。
みんなでごろごろできる、新しくなるおうちだよ。

モ〜しばらくの辛抱なのだよ。

posted by おふみ at 11:39| Comment(2) | ハウス&ホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

大型犬とごろごろできる小さな家【3】

┏━━━━━━━━━━━━┓
┃ 床の塗装材 実験くん ┃
┗━━━━━━━━━━━━┛


建築家のK先生、工務店担当のヒゲ男爵部長&ショーイチ君と
あーだこーだ、なんだかんだと春から打ち合わせを重ね、
フローリング床材選びの時、

○やわらかいこと。
○傷がついてもかまわないこと。
○お高くないこと。

の条件で相談検討した結果パイン材に決めた。
最初は明るめの色、経年変化で深みが出てくるのも楽しめるしね。

床材を決めたら、何を塗るか。

第一に考えたのはチビ達が滑らないこと。

歩いたり立ち上がったりする時に滑っては、
大型犬ゆえ脚や関節にかかる負担も大きくなるから心配。
当初はなにも塗らずに
パイン無垢材そのまんまでよいと考えていた。

しかし、何も塗らずに床が早く傷んでも困るしな・・・・
飲んだ水をぼとぼとたらしたり、
チッコやら、なにやら汚すだろうし・・・・・

そこで自然塗料の蜜鑞と
犬が滑らない!と宣伝している塗料、
それぞれ塗って、自分の目で確認することにしたよ。

yukazai_jikken_1.jpg

ショーイチ君にパインの端材を用意してもらって
1枚は蜜鑞を、もう1枚にはわんわんスベランを塗布。

蜜鑞の方はほとんど何も塗っていないぐらいの自然な感じ、
わんわんスベランは
つやなしタイプを選んだのに、ややツヤありの質感。

まず水滴をたらし、拭き取らずに放置、自然乾燥。

つぎに牛のおヨダ採取、うはは。
胸のあたりにパイン材をスタンバイ、
おやつを見せてつーーーつーーーぷるん、と、
たれてきたモノをこれまた拭き取らずに放置、自然乾燥。

どうなったかな〜

左:わんわんスベラン          右:蜜鑞

yukazai_jikken_2.jpg

水滴&おヨダの自然乾燥放置プレイ(爆)
いずれも蜜鑞の方が跡が目立たない結果となった。

わんわんスベランを塗った床材の方が、色目が若干濃いけれど
水滴&おヨダどっちもくっきり輪どっちゃってシミっぽいのが
やだな〜。

塗布の難易度、メンテナンスの頻度、
身近にいたわんわんスベランユーザーの声もしっかり聞いて検討。
新居の床は蜜鑞でしあげることに決めた。

やっぱ自然のものはえーやね。
posted by おふみ at 16:39| Comment(4) | ハウス&ホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月11日

大型犬とごろごろできる小さな家【2】

┏━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ OMソーラーを選んだわけ ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━┛


OMソーラーという工法をはじめて知ったのは
14〜5年前の新聞広告。
見学会の告知で、とてもいい広告だったのではっきりと覚えていた。

広告の制作を生業としているので
クライアントと打ち合わせをしていると
「嘘はつけないけど本当のことは言えない」と云われること多々。

メリットは声を大にしたいけど
デメリットはものすごーく小さな声で、つーやつですな。

そんな広告が少なくない中、
OMソーラーの広告は正直でまっすぐな印象を受けたのだ。

太陽の恵みを熱エネルギーとして家に活かせないか?
そう考えた建築家が、
シンプルに、ひたすらシンプルに作ったのがOMソーラー工法。

「O」はおもしろい。
「M」はもったいない。

屋根にふりそそぐお陽さまがもったいないから
おもしろく使っちゃお!ってこと。

冬は日だまりのようにあたたかく、
夏は日陰の涼しさで暮らせる、日本の気候風土に根ざした家。
むくの木と漆喰壁だから時を経るごとに味が出てくる家。

いーね、いーねっ!

今まで暮らしていたハウスメーカーの家は
時間の経過はただ汚れた見てくれになるだけで
決して味にはならなかったからね。

広告で知って以来、家づくりの勉強に見学会へは何度も足を運んだ。
印刷物からは分からないものを
自分の目で、肌で、からだの感覚で素直に感じ取るようにした。



シンプルで正直な家。

ずっと暮らして味の出てくる家。

家族の身の丈にあった間取りで設計してもらえる自由さ。



この3つがOMソーラーを選んだ大きな理由かな。

『家とは買うものではなく作るものである』byOMソーラー。
詳しくはこちらでね。
http://omsolar.jp/

--------------------------------------------------------

上棟式の時は寝室の一部にしか乗ってなかった屋根もこのとおり。
これで雨ふっても工事は安心。

kennel house_081211_2.jpg


玄関へ続くアプローチも基礎のコンクリートができた。
右端に見えるのは足洗い場。


kennel house_081211_1.jpg


屋根だけでなく、床も進んでるね、うん。

kennnel house_081211_3.jpg


お風呂場チェック中のナース妹。
ひらがなで「ゆ」と大きく書いてある暖簾をかけたいそうで(笑)

kennel house_081211_4.jpg

タイルも選ばなくっちゃ。
posted by おふみ at 14:52| Comment(4) | ハウス&ホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

ケンネルハウスができるまで

いままで日記カテゴリーに時折書いていた
ボロ家建て替えの話、
記録を兼ねてカテゴリーを分けやした。

家ができるまでの工程や、
デカワンと暮らす家作りで考えたことなど
ぽつりぽつりと記していこうかな、と。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 大型犬とごろごろできる小さな家【1】上棟式だよ ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

またまたお天気に恵まれた先週土曜日、
やっと上棟式とあいなった。
もちろん牛熊もいっしょ。

joto081201_4.jpg

建て前がおわり、柱が組まれた構造ってきれいだ。
壁で隠しちゃうのがちともったいないぐらい。
木肌もきれい、木の香りもよく鼻の穴全開ですーはー&くんくん。

ベタ基礎もしっかりできていた。
見えなくなってしまう箇所が見られるのって
安心感が違いますな。

joto081201_1.jpg

joto081201_2.jpg

又八ブラザーズ(笑)

joto081201_3.jpg

おぉ、柱の上で輝くのは!
TVで見たことある、えーと何て云うんだっけ(爆)

joto081201_5.jpg

家の角々にお清めの塩、米、酒を捧げ
現場担当のショーイチ君の司会で上棟式開始。

合板の即席テーブルを囲むのは
工務店のひげ男爵部長、設計をお願いした建築家のK先生、
棟梁の大工さん鳶さん。
これもTVで見たことある(笑)乾杯のあとしばし歓談。

職人さんみんなワンコ好きで、
笑顔がやわらかい。
牛熊もごあいさつが上手にできてえらいえらい。
ヨヨヨイ、ヨヨヨイ、ヨヨヨイ、ヨイ(1本締)

気になる竣工だが・・・・・

お正月は新居で♪の願いかなわず
合宿所で年越しが確定となったのにはガックシ。
工期短縮をあおっていい加減な工事になっては困るので、
ここはひとつ、しっかり&きっちり
でもできるだけなるべく早く頼んます!

joto081201_6.jpg

早くおうちに戻りたーい♪
posted by おふみ at 11:44| Comment(2) | ハウス&ホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする