2008年04月17日

看護犬

平日更新ができなかった日、
ウィルス性と思しき胃腸炎をどこかでもらったらしく
絶不調で寝込んでいた。

つらかったのが先週金曜夜から日曜夜まで、
水分摂取を続けても脱水に追いつかず、ふらふら。

レッスンやら来客打ち合わせなどを
なんとかこなした後は
起きていられず、倒れこむように布団へ入る。

飼い主の不調がわかるのか、
チビ達がずっと添い寝をしてくれている。

牛はいつもくっついているのだが
熊もふだん以上にぴったり密着。
サンドイッチの具になった気分である。

左を向けば熊、もこもこ。
右を向けば牛、ふわふわ。

・・・・・・・・あったかぃ。

・・・・・・・・あったかいけど、
う、う、うごけねぇ。

あのさ、牛柄の掛布団にならなくていいから!

意識もあるし呼吸もしてるから、マウスツーマウスはいいってば!!

飼い主が起きるまで、トイレも行かず
ひたすら看護につとめてくれた牛と熊。
ありがとさーん。

連日の点滴と内服、ハーブティーやゼリー飲料、おかゆなどでしのぎ
ウィルスが出てしまえばケロリと快復。
いやはや、今回はきつかった〜。

ナース妹によればウィルス性胃腸炎、近頃流行っているそうで。
みなみなさま、ご用心くださいまし。

spring comes kaminakazato.jpg

愛はヘヴィー級。
posted by おふみ at 11:29| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大変でしたね・・・治って良かった良かった^^

牛さん、熊さん、ナースお仕事ご苦労様でした!

春先にはちょっと厚い掛け布団だけど、
素晴らしい毛皮をお召しのおふたりさんこそ、
暑い中、献身的で、おふみさん、
またまたノックアウトですね^^
Posted by かりぴょんまま at 2008年04月17日 16:05
自宅で点滴・・・・憧れます。

不思議と犬は家族が弱っているコトを非常に敏感に察知し傍によって来ます。
それも体調が悪いのかメンタルが弱っているのかまるで解っているかのような態度を示すのは何故でしょうか。

それにしても最近の横柄な態度には???です。
俺が帰宅しても玄関に迎えに来ないゾ、一日中寝ている。
嫁曰く「天下御免ネ犬」だとか?





Posted by 翼状針の虜 at 2008年04月17日 20:37
●かりぴょんままさん

献身的、まさしくそのとおりの手厚い看護でしたワン。
点滴の時だけ部屋から出していたんですが
不安がってピィ〜ピィ〜鼻笛鳴らしっぱなし・・・。

わたしもヘヴィー級の愛を返しますっ!


●漢字大正解さん

自宅で、なんて一言も書いてないのにバレバレか、ご内密に。
つーか病院へ行く体力もなく、マジでへろへろでした。
ナースコールはご機嫌のいい時でないと恐いよ(爆)

天下御免ね犬、許してつかわす〜。
Posted by おふみ at 2008年04月17日 21:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]