2019年09月28日

まさかのシッカロール



ハチ坊の骨折治療とほぼ同じ時期に
元気玉テスもちょいと通院が続いていた。

小さな頃からしっぽに
ニキビっぽいブツブツした湿疹が時々出るんだけど
湿気の多い今年の夏はそれが多発。

かゆい → 気になる → 舐める → よだれでコーティング → かゆい →
を繰り返し、しっぽの裏側の湿疹を舐めこわし
赤くジクジクになり、ひどくただれてしまったのだ。

数カ所なら常備している軟膏を塗るが
広範囲すぎて塗りきれないし、とにかく痒みをおさめてやりたい。

パピーの頃からなじみのT先生に診てもらい、
ステロイドと抗生物質をWで服用するのとあわせて
すすめられたのがシッカロール。

はっ? シッカロール?
あのベビーパウダーっすか?

素っ頓狂な声でT先生に確認しちゃったよ。

先生曰く
「皮膚をサラサラに保つし、かゆみも抑えるんですよ。
 昔から長く使われている薬って
 使われる理由がちゃんとあるんですよね」

そういえば子供の頃、夏、お風呂上がりにシッカロールを
首にパタパタされて白くしてたな。
オムツ替えの赤ちゃんのお尻にもポンポンしたし。

なるほど〜。

というわけで、投薬とあわせて
シッカロールをテスのしっぽ裏側にパタパタ。
薬もきっちり2週間飲ませた。

このコンビネーションがうまく効き、
あんなに痒がって頻繁にガジガジしていたしっぽ、
湿疹もひき、すっかりきれいに治っちゃった。

湿疹がきっちり引いたのは
ステロイド×抗生剤を服用したからだろうけど、
患部をさらさらと清潔に保てたのはシッカロールのおかげだ。

体質的にしっぽの湿疹再発はあるだろうから
また出てしまった時はひどくなる前に
この方法で対処しよう。

ちなみに「シッカロール」は和光堂のベビーパウダーの商品名。
コトバンクで調べてみたら

「皮膚殺菌剤。
 乳幼児のあせも、ただれ、オムツかぶれ、股ずれなどの予防に用いる。
 成人にもあせも予防、剃刀負け、ひげそり後の肌荒れ防止などに使われる
 肌をなめらかにし、汗を抑える作用がある」と。

年齢を問わずにみんなが使える家庭薬だったのね。

それにしても・・・
家にシッカロールがあったわが家って・・・ガチ昭和世代(笑)


DSCN9791_玉伏せかわゆ目線_FB.jpg



ペットのご遺骨を入れてつくる 
メモリアル・ガラスビーズチョーカー hadami「はだみ」

Facebook 最新の情報をお届けしています。
BLOG  9/17 更新しました。


posted by おふみ at 00:41| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。