2007年06月05日

手塚治虫の犬たち【フライングベン】

われらが巨匠、手塚治虫。
犬を主人公にして描いたコミックを集めた3冊なり。

『フライングベン』は、1966〜67年『少年ブック』にて連載。
(おそらく)聖杯の水を飲み超人、いや、超犬的能力を身につけた
3頭の兄妹と、飼い主となった少年との物語。

「犬がだいすきで、犬への思いを込めて描いた」と
著者のあとがきにあるように
ワンコのすばらしさがぎゅぎゅぎゅっ!と詰まってる。

『犬傑作集』はタイトルどおり、犬が登場する短編・中編を集めたもの。
おぉ、ブラックジャックあり、なつかしレオあり、ワンサくんあり。
モ〜、巨匠の作品に野暮な解説は必要なし!

frying ben.JPG

秋田文庫 秋田書店 http://www.akitashoten.co.jp/

70、80、90、100歳の手塚治虫は
どんなすばらしい漫画を描いたことだろう!
posted by おふみ at 16:32| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]