2014年03月13日

わんわん・ワイルドウエストショー【 Ten-Gallon Bart and the WILD WEST SHOW 】



ドッグシティの保安官をつとめあげたテンガロン・バート。
釣り三昧の日々にすっかり飽きてしまっていた。
そんなときにワイルドウェストショーが町にやってくると耳にする。

古いつきあいのネコやブタ、メンドリらといっしょに
わくわくしながらショーを観にいくと
団長がこういうではないか。

「ねむりこけてるクレイジー・ブルの目を覚まして
 ロデオができるお客さんはおらんかね?」

だれがチャレンジしても起きないクレイジー・ブル。
テンガロン・バートの番になり、しっぽをひっぱってみると・・・


tengallon_1.jpg


tengaloon_2.jpg


tengaloon_3.jpg


tengaloon_4.jpg


【 Ten-Gallon Bart and the WILD WEST SHOW 】
文:Susan Stevens Crummel
絵:Drothy Donohue
出版社:Two Lions - Amazon Publishing


勇ましい西部劇のおはなしなのに
文も絵も作者は女性なのがおもしろい。

主人公バートのテンガロンハットやチャップスのステッチ、
赤いバンダナ、星形のベルトバックルなど
細部までおしゃれに目が行き届いているのは、女性ならではかも。

リタイアなんてつまらない!
生涯現役カッケーぜ、バート。


*******************************


hadami メールご注文受付中、商品リーフレットお送りします。
 ●ご希望部数
 ●お名前
 ●ご住所 を
hadamiodm★gmail.com ( ★ → @ )までお便りくださいまし。


posted by おふみ at 00:32| Comment(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。