2014年02月18日

続・ソチオリンピックの裏側で


ノーマンテイラー邦子さんのブログから、ソチ続報を転載っす。

________________________________


ソチの犬たちその後


「人生最初に飼った犬は生まれ育った小さい町のストリート・ドッグでした。
私たちはすぐ親友になり5年ほど一緒に暮らしました」と
BBCに語るのはロシアの大富豪デリパスカ氏。

オリンピックのため、残酷に殺戮されている
ストリート・ドッグのことがマスコミで報道され、
フェイスブックなどの大々的なキャンペーンに心を動かされた氏は
ソチ市の丘に急きょ犬シェルターを設置し、
動物保護団体に運営するよう資金とともに指示を出した。

オリンピック工事の現場にたむろし、労働者から可愛がられ、
食べ物を与えられていた犬猫2000匹以上は当初、殺戮処分の予定ではなかった。
しかしオリンピックが近づくにつれお腹をすかせた動物たちは害になると、
行政が殺戮業者を雇ったのである。
一番の打撃だったのは開会式のリハーサルに
一匹の犬がメイン・スタジアムに入ってきたことである。

犬を捕獲し、駆除する委託された会社の社長ソロキン氏の弁。

「我々は動物を生きたゴミと呼ぶ。ソチは狂犬病の流行の元をもっているようなものだ。
私は通行人が犬の群れに襲われる恐怖を持たずに歩く権利を守る側である」

多くは救えなかったが、世界最大のアルミニウム企業の社長はシェルターを設置して、
今までのところ殺戮される運命だった140匹ほどの犬を救い、里親も見つかっている。

The Independent



生きたゴミって・・・・・おのれ〜天罰くだれ!


sochi_2014020700033_1.jpg

ロシア・ソチ近郊のローザフトルにある
ラウラ・クロスカントリー・アンド・バイアスロン・センターで、
ソチ冬季五輪の選手たちが非公式練習に臨む最中に日光浴を楽しむ犬(2014年2月5日撮影)。
(c)AFP=時事/AFPBB News



*******************************


hadami メールご注文受付中、商品リーフレットお送りします。
 ●ご希望部数
 ●お名前
 ●ご住所 を
hadamiodm★gmail.com ( ★ → @ )までお便りくださいまし。


posted by おふみ at 00:05| Comment(0) | ピックアップニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。