2013年06月13日

熊のひとりっこヘルスメモ【3】


┏━━━━━━━┓
 お灸でほっこり
┗━━━━━━━┛


消化酵素を再開し、お腹が安定してきた熊。

秋〜冬、くり返していた膀胱炎とストルバイトも
すっかりごぶさた、えぇ調子。

よく効く薬に頼るより
薬に頼らなくていい健康な体をキープさせたい親ごころ。

日頃、飼い主シスターズのボディメンテでお世話になってる
鍼灸師のシーラーママから
「犬にもお灸いいよ♪」とまたまたうれしいアドバイスをもらった。

たしかにお灸は効く。
それは自分のカラダでも実証済みだ。

「ロージーももうシニアだし、できればお灸は毎日してあげて。
 一日おきでもじゅうぶん。
 お灸は免疫力あがるし、犬はヒトより反応が早いから
 1個か2個でだいじょうぶ。
 様子をよく見ていてロージーからサインがでたらやめていいから」

ブ・ラジャー^^/

お腹をあたためて、免疫力をあげる「健胃」のツボを教わり、
膀胱炎が出た時のツボもねんのため確認しておいた。

なにが都合いいかってーと
2月のオペで剃られたお腹の毛を短くキープしているので
ま〜お灸のいれやすいこと(笑)


oq_1.jpg


写真のむこう側が熊のあたま、手前がおしり側。
ヘソ天にてごめんあそばせ。
お灸中はおなかがほっこりあたたまるので
鼻水たらして寝ておる。


oq_2.jpg


約6センチ×3センチ。
あ、鼻水たまりのサイズまではいらんな。

これからずっとお腹はつるつるちゃんでまいろうかの。


oq_3.jpg


hadami メールご注文受付はじめました。
商品リーフレットもお送りしております。
 ●ご希望部数
 ●お名前
 ●ご住所 を
hadamiodm★gmail.com ( ★ → @ )までお便りくださいまし。



posted by おふみ at 00:42| Comment(3) | Food & Health | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
我が家は温灸をいたします。。
熊ちゃんがしてるお灸と薬草の内容が違うのかどうか・・分かりません。。
ただ・・大きな木製のカバーがあるので・・ちょとだけ安全ぽいかな(汗)

これでダックスのヘルニアを治せはしませんが・・
普通の生活ができるぐらいには立て直ししたこともあります。。
まだヘルニアの手術もなかった時代でしたからね。。

どちらにしても・・気持ちがいいみたいですね。。
我が家の老犬もよく寝ていましたよ。。

Posted by マイマ at 2013年06月13日 20:52
あ・・追伸
これ・・コートの上に一枚布を敷いてしますので・・毛があっても大丈夫でございます。。
Posted by マイマ at 2013年06月13日 20:54
●マイマさん

おぉ、マイマさんもお灸派でしたか〜、いいっすよねぇ?

若い頃はお灸ってお婆さんがするものだと思ってましたが、
気がつけば自分もお婆さんに限りなく近くなり(笑)

熊のおなかに乗せているのは、
人も共通で使っているマイルドタイプ。
ちなみに電気式の温ねつ急もあって使い分けてます。

凝りがほぐれるし、体あたたまるし、ビバ♪お灸ライフです。
Posted by おふみ at 2013年06月13日 21:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。