2013年04月05日

ダンディな妖精【The Fairy Dogfather】


アルファベット書き取りの練習をおえたヘクター。

「d」と「g」がさかさまだけどよくできてるわ、と
ごほうびにママが「シンデレラ」を読み聞かせをしてくれた。

 『わたしはあなたの味方よシンデレラ』
  妖精は美しい女の人で・・・

ふと疑問に思ったヘクターは訪ねた

「ねぇママ、ぼくらには男の妖精なの?」

ママは知らないわ、パパに聞いてごらんなさい。
パパも聞いたことがないけれど、願い事をかけてみたら?

ぼくやってみるよ。

ヘクターは妖精に会わせてくださいと書いた紙を窓にはり眠りにつくと
星空から大きな犬があらわれた。

あ、あなたはだれ?

きみは願い事を書いたろう?ヘクター。
だからきたんだよ。
男の妖精はボルサリーノをかぶり、葉巻をくわえたバーニーズで・・・・


dogpapa_1.jpg


dogpapa_2.jpg


dogpapa_3.jpg


dogpapa_4.jpg


【The Fairy Dogfather】
著:Alexandra Day
出版社:GREEN TIGER PRESS


バニが描かれているので買った1冊。

辞書をひいてみると
fairy godmotherとは ”おとぎ話で主人公の苦境を救う妖精(ようせい)” とある。

原文は Mom, do boys get fairy godfathers?

ヘクターが書いた願い事は「d」と「g」がさかさまになっていて

Can I have a Fairy dogfather please? love, Hector

godfather が dogfather になってたんだね。

で、あらわれたのがダンディなバニ。
なぜバニ?とも思ったが・・・
うっかり書き間違えから、すてきな妖精に出会えるなんてモ〜最高!

dog is god.

*******************************

hadami 商品リーフレットお送りします。
 ●ご希望部数
 ●お名前
 ●ご住所 を
hadamiodm●gmail.com ( ● → @ )までお便りくださいまし。


posted by おふみ at 00:30| Comment(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。