2012年08月08日

シートン〜旅するナチュラリスト〜 第4章 タラク山の熊王



タイトルに「王」と名がつくと、子どものころからなぜかわくわくする。

戸川幸夫の名作「爪王」しかり、
シートンの「狼王ロボ」しかり。

犬を描いてもすんばらしいジローさん、
熊を描いてもすんばらしいのだ。
しかも「熊王」だぜ? 


seton4_1.jpg


seton4_2.jpg


作画:谷口ジロー
原案:今泉吉春
出版社:双葉社

大河ドラマも真っ青な、壮大な物語はご一読をば。

実在したグリズリー、熊王ジャック。
その姿は剥製となって今も展示されているとある。

アメリカへ行くことがあるのなら
ぜひ会ってみたいよ。

海外での評価が山のように高い谷口ジローさん。
2011年にはフランス政府から、
芸術文化に功績があった人に贈られるシュバリエ章を受章されたとのこと。
トレ・トレビアーン♪ 遅まきながら・・・ブラボー!


posted by おふみ at 00:31| Comment(3) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
[サンドイッチは銀座で]早速頁をめくってみた。

表現は異なるが、開高健と共通する「食いたい!」感がムズムズと湧き上がる。


あっ!ここはワンコが主題だった。
Posted by 隊長どえす at 2012年08月10日 03:20
「サンドイッチは銀座で」
表現は異なるが、開高 健 同様「食いて〜」と思わせる表現力には脱帽。

今は夏野菜の・・・・

ここはワンコのBlogだったよね。
Posted by ARAB隊長 at 2012年08月10日 13:30
●ARAB隊長殿

平松さん、いいでしょ?^^

ある時は牛熊観察紀、
ある時は蔵書自慢目録、
ある時はなんちゃって食べログ、
またある時は(滅多にないが)トレーニング心得・・・

変幻自在のブログだぜ?
コンセプトはもち「気まぐれ」うはは〜
Posted by おふみ at 2012年08月10日 23:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。