2012年07月09日

セラピードッグ・ベイリー 横浜へ着任す



先週末のA新聞に、まことにうれしい記事が載っていた。

静岡県立こども病院に常勤していた
イングリッシュゴールデンのセラピードッグ、ベイリーが
看護師のハンドラーさんとともに
神奈川県立こども医療センターに着任したのである。


kodomoiryou_1.jpg


オーストラリアで生まれ、ハワイでトレーニングを受け
タイラー基金によって日本へやってきたベイリー。

下手な文で説明するよりもこちらをご覧いただいた方がよろしいいかと。





ここまでの道のりはどんなに大変だったろう。

セラピードッグの育成・サポートに携わる方々、
そして受け入れる病院施設の方々、
多くの方々の努力、精進、理解、支援があってこその活動。

ベイリーの働きぶり、ご覧あれ。








入院中の子どもたち、家族はもちろん
施設のスタッフもどれだけ救われているかは
笑顔が証明しておりますな。

ベイリーがいなくなってしまった静岡の病院には
2代目となるセラピードッグ・ヨギが着任するそうで。

よかった!

そういえば・・・・わが家にも看護師のハンドラーが約1名。
残念なことに子ども嫌いなのであった(爆)


posted by おふみ at 00:24| Comment(0) | ピックアップニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。