2012年06月18日

犬をDNAで分けてみると【ナショナル ジオグラフィック日本版】



アメリカのネイチャー誌「ナショナル ジオグラフィック」日本版
2012年2月号に、興味深い記事が載っていた。


natiogio_1.jpg


タイトルは【イヌの遺伝子 〜ペットを科学する〜】

○○を科学するというフレーズに
子どもの頃からなぜか弱いのね。


natiogio_2.jpg


85犬種のDNAを解析し、遺伝子が似ているものを基にすると
大きく4つのグループに分類できるというものなのだ。

その4つとは
 ●オオカミ系
 ●牧畜犬系
 ●猟犬系
 ●マスティフ系(使役犬)

たとえば・・・

柴犬、チャウチャウはオオカミ系DNAが90%以上

パグは牧畜犬系DNAが60%近く、

ポメラニアンには猟犬系にマスティフ系が

ジャーマンシェパードはマスティフ系が90%以上 てな具合。

FCIのグルーピングが違う犬種同士なのに
DNAは同じグループに入っていたりする。

容姿は近くてもDNAの割合がかなりちがったり
もちろんその逆もあり。

ちなみにバーニーズのDNAはマスティフ系が90%近く、
ジャーマンシェパードとかなり近いのだ。

容姿も気質もちがうのに、DNAが近いなんて
おもしろーい。

ブリーダーさんがいろいろな犬種を作ろうと
改良してきた結果がそのまま、犬という動物を調べるための
またとないフィールドワークとなったそうで。

ナショナル ジオグラフィック
当然のことながら、写真もすんばらしーすよ。


posted by おふみ at 00:28| Comment(4) | マガジン&スクラップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
タイミング良過ぎ

オヤジのDNAは濃い、以前血中濃度を測ったけに件あり。
単位はミリ・シーベルトではなく[不気味ーる]
Posted by G-ARAB at 2012年06月18日 06:22
早速かいま〜す!
遺伝子は面白いけど難しく。。。。
ちょうどいまレオンベルガーの遺伝疾患の
勉強中です^^V
Posted by かりぴょんまま at 2012年06月18日 10:24
●グレートARAB諜報部部長

更新ネタを嗅ぎつける嗅覚、さすがですな^^

さしずめオオカミ系と猟犬系が濃厚かと推測いたす。

うまうまカレー大好きDNAは共通。
Posted by おふみ at 2012年06月18日 11:50
●かりぴょんままさん

DNA分析した85犬種の中に
レオンベルガーが入っていないのが残念なりーー

基礎とされている犬種からある程度の推測はできるかも。

またいろいろ教えてくださいまし^^/
Posted by おふみ at 2012年06月18日 11:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。