2006年10月30日

広告の中の犬達【4】

老舗フリスキーの雑誌広告は
セントバーナードを洗うこどもふたり。
イラストがノーマン・ロックウェル風なのが時代を感じさせますな。

自宅の庭なのかしらん、ずいぶん広くてうらやましい限り。
芝生と木陰、犬のシャンプーを見守る親、
幸せな休日のひとコマだぁねぇ。

大型犬をモデルに出しちゃうところも、いかにもアメリカ。
プールが子供用でちっちゃいってば。

food/friskies.JPG

ほんと、この時代のパッケージデザインって
おおざっぱだけど、インパクトがあってキュート。
イラストの好みも、お国の差がきっちり出るしね。
このイラストじゃ、日本ではこの缶詰売れないだろうな〜。
posted by おふみ at 16:41| Comment(2) | CM・広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このパッケージのワンちゃんで
 ビタワンを連想してしまうのは 私だけ?
土曜日に海の公園のフリマにハンナと一緒に行ってきました。いっぱいの人にナデナデされて 愛想振り撒きすぎで帰ったら 爆睡していました。
Posted by ハンナママ at 2006年10月30日 19:01
おぉっ、するどい指摘!確かに似てる〜。
ビタワンよりも小憎たらしい感じかな。

ハンナちゃん、賑やかな場所も平気ならどこでもいっしょに行けますね。
うちのビビリ牛はまだまだ修行がたりませぬ〜〜
Posted by おふみ at 2006年10月30日 19:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]