2006年07月27日

谷口ジロー【少年とオオヤマネコ】

よっ、待ってました!
谷口ジローさん描く、旅するナチュラリスト・シートンシリーズ。
『狼王ロボ』に続く第2弾は『少年とオオヤマネコ』、
シートン15歳の時の物語。

動物や自然がなにより好きなシートン少年、
森を開墾して暮らす幼馴染みの家に滞在することになった。
憧れの森の中、たくさんの動物達、
やがて乳飲み子を抱えたオオヤマネコと出会う。
ともに生きることに必死な状況が生んだ結末は・・・

15歳の少年の胸に強く刻み込まれたオオヤマネコとの対峙。
のちにナチュラリストとなるシートンの
原体験ともいえるエピソードが満載なり。

少年も、動物達も、風景すら生き生きと描く
谷口画力に、またまた引きずり込まれました、ハイ。

seton wildcat.jpg

双葉社 http://www.futabasha.co.jp/

15歳の夏は、忘れない。
posted by おふみ at 16:07| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]