2010年07月12日

大型犬とごろごろできるちいさな家【30】



┏━━━━━━━━━━━┓
  梅雨時もカラッと
┗━━━━━━━━━━━┛


2年目の夏を迎えるKennel House。

毛穴をふさぐような蒸し暑い梅雨時も
室内に湿気はこもらず、カラッとしている。

牛熊も土間メインでごろごろ過ごしたり、
さほど暑くない日は
リビングのあちこちで行き倒れていたり(笑)

いや〜湿気がないって、ほんとラク。

人はもとより
ウール100%のロン毛が脱げない犬にとっても負担が少ない。

おまけに室内干しの洗濯物も今までよりずっと早く乾く。
しかも独特のいやな匂いゼロ、これには大助かり。

室内気候の心地よさ、
いままで漆喰壁の効能云々と書いてきたのだが、
基本的なコトをまちがえておりまして・・・

漆喰壁ではなく、正しくは「シラス壁」。
シラス火山灰から作られた『薩摩中霧島壁』っす。

100%自然素材だから、安心。
梅雨時は湿気を吸って、乾燥する冬は放出。
消臭機能もばっちり、犬臭いと云われたこともなし。

ふむふむ、いいことづくめだったのか、と
今さらながら気づいてゴメン、ショーイチ君。許せ(爆)

壁にもたれると、ひんやり。
冷たすぎないやさしいひんやり感とでも云おうか。

モア詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。
リフォームもOKっすよ。
http://www.shirasukabe.com/

梅雨時もカラッとなKennel Houseで
少しでも長生きするよーに!


100712_mayrosy.jpg


早く土間にいれろってば・・・


posted by おふみ at 13:51| Comment(0) | ハウス&ホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。