2010年05月28日

きらめく犬たち【3】



賢くも生意気そうな表情が見え隠れする
ジャックラッセルのプリンセス。

シャッターチャンスはきっと一度きり。
じっとしているなんて・・・まずありえないのでは?うはは。


vogue_jack.jpg


まとっているのはカール・ラガーフェルドのケープ、
胸元に光るのはブルガリ。
モ〜、雑誌で拝んだことしかねーよ?

見れば見るほど
色素が濃くっていいテリアだなー。
最近テリアっていいなと、あらためて思うんだなー。


ハブアナイスウィーケン〜♪


posted by おふみ at 11:12| Comment(4) | マガジン&スクラップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本ではまず見かけることのできそうにない
素晴らしいジャックラッセル〜〜

義理姉はいろんな犬を飼育してきたんだけど、
今カナダでジャックラッセル飼育していて、
この犬だけは飼うんじゃなかった〜〜って
嘆いていて、
なんで日本で流行るのか信じられない!
日本人って変!!って外国かぶれ発言してます><

気の強さが魅力的なのかな?
Posted by かりぴょんまま at 2010年05月28日 16:13
●かりぴょんままさん

でしょでしょ?  いいジャックでしょ?
日本にいたら誘拐されるか,交配申し込み殺到かと。
お義姉さまのお気持ちお察しいたしやす。

犬の気質や性格、たずさわってきた仕事などを
まったく知ろうとせず調べようともせず・・・

小さい = 手間がかからなそう = 飼いやすい

の図式なんでしょうね。
賢さと運動量を考えるとプロの訓練士さん向きの犬ですよね。
Posted by おふみ at 2010年05月28日 16:30
おふみさんの言うとおり〜〜〜
玄人さんが訓練や狩りを楽しむ、
百歩譲って、サッカー少年が毎日一緒に
ジョギングしたり遊ぶためのワンコですよね!

近所にもでっぷり太ったご老人が連れた
ジャックラッセルみると、

あ〜〜〜あ、最後まで飼育してよ〜〜!!って
思っちゃうし、
手放されているジャックラッセル増えてるんでしょうね><

もともと気が強くって疲れ知らずのこの犬種を
まったり室内犬のお座敷犬にしたら、
絶対モンスター化して、がうがうやってると
思っちゃうもの・・・
Posted by かりぴょんまま at 2010年05月28日 18:32
●かりぴょんままさん

ロージーの同胎で
ジャックと一緒に暮らしているベルガーがいます。
運動量が半端でないのでめっちゃスリムでしたが・・・。

とことん調べてわかったうえで飼うか、
ぜんぜん知らないで飼うか。

うちはお目付役のK子先生がいてくれて
ホント助かってます、ふぅ。
Posted by おふみ at 2010年05月28日 22:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。