2010年05月20日

抗生剤にトホホ




先週、牛が膀胱炎を再再発した。
しかも血尿まで。

こりゃいかーん、とホームドクターで
いつもの抗生剤クロロマイセチンをもらい
飲ませていたらこんどはP腹に。

牛はお腹が弱く抗生剤が苦手。

いま動物病院で処方される抗生剤の多くはキノロン系。
製薬会社ごとに薬の名前が違っても薬効成分は同じ系列。

このキノロン系にめっぽう弱い牛、
今までいろいろな抗生剤でP腹になってしまい困っていた。

お腹の弱い牛にあう抗生剤はなかろうかと
ホームドクターに相談&お腹の様子を見ながら
ようやくたどりついたのがクロロマイセチンなのだ。

ホームドクターの説明によれば
腸内の悪玉細菌は叩くけど、善玉細菌は守ってくれる
とってもマイルドな抗生剤。

そのクロロマイセチンでP腹になってしまうとは、トホホ〜。

また抗生剤が必要なことになったら
飲ませられるのがないじゃんか。
折をみてドクターに相談しよう、そうしよう。

まずは膀胱炎を治めたいので
クロマイちゃんに胃腸薬と下痢止めも併用。

いまは抗生剤も5日間飲み終え、
引き続き胃腸薬と下痢止め飲ませつつ
ずっとわんこみるくやおかゆ食ばかりの牛。

はよ治そ〜や。


100520may.jpg


「・・・・・はらへった」

元気と食欲はある牛、今日も行き倒れ中(笑)




posted by おふみ at 11:52| Comment(3) | Food & Health | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
可愛そうに・・・
ひまわりも先日膀胱炎になって血尿が><

抗生剤しか直す方法ないですもんね。。。

我が家も胃腸薬と一緒に飲ませて、
一週間飲んでください!といわれたものの、
夫にそんなに長い期間のませちゃだめだ!で
数日で止めちゃいました・・・・

お大事にしてね。。。
Posted by かりぴょんまま at 2010年05月20日 17:54
わぁ〜可哀想〜。
元気で食欲もあって、でもおかゆなんて・・・。
可哀想だね〜。
早く良くなりますよーに。
メイビーちゃんでなく、メイピーなんだ・・ね。
Posted by 宝 at 2010年05月20日 20:13
●かりぴょんままさん

えーー、ひま姫もですか?
パピーだと飼い主の方がなおさらつらいですね。
変な陽気が続くので、胃腸炎やら膀胱炎が
例年より多いそうで・・・

ゆーほのダイジェをがばがば増量して
腸内フローラ整え中です。モ〜ひとがんばり。



●宝さん

メイP!うまいっ!座布団2枚、うははははっ♪

消化能力が戻るまでは
お腹に負担のかからないごはんを続けなくては。
おねだり光線に負けない
強い意志が飼い主に求められるのでした〜〜
Posted by おふみ at 2010年05月20日 23:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。