2010年02月09日

犬になりたかった猫【 I Wish I Were a Dog 】



ぼくが犬ならよかったのに、と猫は思った。
だって犬はすごくたくさん楽しみがあるんだもの。

ともだちが集まる公園で遊んだり。

遠吠えだってできちゃう。

泥棒をおいかけたりもお手の物。

映画スターにだってなれる。

あぁ、犬になりたい・・・・・

思いつめる猫を飼い主の女の子がだきあげ、話しかけた。

犬って楽しいことばかりじゃないのよ。

かじる骨は古いし

芸当を覚えないといけなし

リードにつながれれば自由はないの。

それに・・・


i_wish_i_were_a_dog1.jpg


i_wish_i_were_a_dog2.jpg



作:Lydeia Monks
出版社:EGMONT UK LTD
http://www.egmont.co.uk/


犬は犬らしい、猫は猫らしい魅力が
カラフルな画面いっぱいにひろがる絵本。
いや〜楽しい楽しい♪

他人からはよさげに見えても
当の本人はけっこうたいへんなことってあるから。

きみはきみのまま、
そのままのきみがイチバンすてきだよ。

でもね・・・・
ないものねだりをしちゃう気持ち、わかるな、うん。



posted by おふみ at 14:21| Comment(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。