2009年02月18日

大型犬とごろごろできる小さな家【9】

┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 続・犬のためのちいさな工夫  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛



牛と熊が涼しく過ごせるよう考えた土間Dog Room。

床はいろいろなモノが落ちたりこぼれたり。
メンテナンスなども考慮し、墨モルタル仕上げに。
きれいにつるっと仕上げてもらうのではなく、
滑りにくい工夫として、床表面にディテールをつけてもらうよう
オーダーした。

ディテールの仕上げ見本がこれ。
2パターン作ってもらって
粗いほうがクシ目、

kushime_PICT2632.jpg

細かい方がハケ目。

hakeme_PICT2633.jpg

ふたつ比べるとこんな感じ

morutaru_PICT2634.jpg

あんまり目が細かすぎても掃除がしづらいので、
クシ目をチョイスしよ。

サンプルは外壁材のあまりを利用してもらったので
サンドベージュ色だが実際は墨モルタルなのでグレーで仕上がる。

正方形のマスをつくって
たて&よこで目の方向を変えてもらおう、そうしよう。

つか、まーだこんなことしてるし、うははっ。
posted by おふみ at 14:14| Comment(2) | ハウス&ホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
めちゃ、楽しそう!!
大工さんとの ミーティングもなかなか熱そうだし。
何時の日か いえを建て替える日(無理無理)の参考に。時期に築40年の我が家は味が有って、捨てがたいですが・・・
Posted by ハンナママ at 2009年02月18日 20:31
●ハンナママさん

職人さんとしては「面倒だな」って思うことでも
住む方にとっては大事なこと。

何をするにも楽しまなくっちゃ!
・・・・と自分を奮い立たせないと
時々息切れ気味になるのであります、『いえづくり』、ふぅ。

Posted by おふみ at 2009年02月19日 12:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]