2008年12月17日

大型犬とごろごろできる小さな家【3】

┏━━━━━━━━━━━━┓
┃ 床の塗装材 実験くん ┃
┗━━━━━━━━━━━━┛


建築家のK先生、工務店担当のヒゲ男爵部長&ショーイチ君と
あーだこーだ、なんだかんだと春から打ち合わせを重ね、
フローリング床材選びの時、

○やわらかいこと。
○傷がついてもかまわないこと。
○お高くないこと。

の条件で相談検討した結果パイン材に決めた。
最初は明るめの色、経年変化で深みが出てくるのも楽しめるしね。

床材を決めたら、何を塗るか。

第一に考えたのはチビ達が滑らないこと。

歩いたり立ち上がったりする時に滑っては、
大型犬ゆえ脚や関節にかかる負担も大きくなるから心配。
当初はなにも塗らずに
パイン無垢材そのまんまでよいと考えていた。

しかし、何も塗らずに床が早く傷んでも困るしな・・・・
飲んだ水をぼとぼとたらしたり、
チッコやら、なにやら汚すだろうし・・・・・

そこで自然塗料の蜜鑞と
犬が滑らない!と宣伝している塗料、
それぞれ塗って、自分の目で確認することにしたよ。

yukazai_jikken_1.jpg

ショーイチ君にパインの端材を用意してもらって
1枚は蜜鑞を、もう1枚にはわんわんスベランを塗布。

蜜鑞の方はほとんど何も塗っていないぐらいの自然な感じ、
わんわんスベランは
つやなしタイプを選んだのに、ややツヤありの質感。

まず水滴をたらし、拭き取らずに放置、自然乾燥。

つぎに牛のおヨダ採取、うはは。
胸のあたりにパイン材をスタンバイ、
おやつを見せてつーーーつーーーぷるん、と、
たれてきたモノをこれまた拭き取らずに放置、自然乾燥。

どうなったかな〜

左:わんわんスベラン          右:蜜鑞

yukazai_jikken_2.jpg

水滴&おヨダの自然乾燥放置プレイ(爆)
いずれも蜜鑞の方が跡が目立たない結果となった。

わんわんスベランを塗った床材の方が、色目が若干濃いけれど
水滴&おヨダどっちもくっきり輪どっちゃってシミっぽいのが
やだな〜。

塗布の難易度、メンテナンスの頻度、
身近にいたわんわんスベランユーザーの声もしっかり聞いて検討。
新居の床は蜜鑞でしあげることに決めた。

やっぱ自然のものはえーやね。
posted by おふみ at 16:39| Comment(4) | ハウス&ホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うぃーっす!おふみ邸、着々と進行中っすね?
合宿所での年越しもまた楽しかと。

先週、KLで石けんを作ってきたよ〜。来年は自宅で作ってみようと思うの。

ところで、先代PCがつぶれてメアド紛失ちまちた・・涙。お暇なときにでもメールくだされ。
Posted by 関西ラボ所長 at 2008年12月17日 17:05
凝ってますね。材質選びは「建築」をパラリンと立読みしても頭クラクラするぐらいです。

我家は犬同居など想定外だったので、苦心しております。 犬の老後も検討課題として下さい。

飼い主の老化著しいARABでした。
寒いよ〜
Posted by HN多発症候群(これで11個) at 2008年12月17日 22:22
ちゃくちゃくと進行してますねぇ。近々、見学に行かせてくださいませ。

我が家では、イヌが舐めても平気という植物油主体のオイルを塗りました。水、オヨダに特別強くはありませんが、雑巾がけするみたいに塗れば良く、施工がなにより楽でした(自分でやったけど)。

この冬は傷んできた箇所を「サンダーで削ってしまう」ことにしました。そこにまたオイルを塗れば新品になる、と。これが無垢材の良いところですね。何年か経って「削る」ときは御用命下さい^^)
Posted by S卿 at 2008年12月17日 22:39
●関西ラボ所長殿

いよーっす! 
合宿所だからさ、大掃除しなくていいのさ、るん♪
それにしてもマンションってあったかいのに驚き。

先代PC南無〜、年末の災難はこたえるよね。
近々メールしまっせ。


●Mrハンドルネームもうすぐ1ダース殿

山本夏彦翁の『室内』は愛読書のひとつでござった。
読者の投稿コーナーに載ったことあるのが数少ない自慢のひとつ。
新居でモ〜一度載りたかったな・・・・
寒いときはカレーであったまろ♪


●親愛なるS卿

見学ウェルカムっすよん。
K子先生に地図とか渡しておきましょうかね^^

イヌがなめても平気・・・・もしかしてアウロ?オスモ?
雑巾がけのような塗り方ならこまめにできそうでいいな。
棚作りからサンダーがけまで、もちご指名させていただきやす。
Posted by おふみ at 2008年12月18日 00:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]