2008年12月11日

大型犬とごろごろできる小さな家【2】

┏━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ OMソーラーを選んだわけ ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━┛


OMソーラーという工法をはじめて知ったのは
14〜5年前の新聞広告。
見学会の告知で、とてもいい広告だったのではっきりと覚えていた。

広告の制作を生業としているので
クライアントと打ち合わせをしていると
「嘘はつけないけど本当のことは言えない」と云われること多々。

メリットは声を大にしたいけど
デメリットはものすごーく小さな声で、つーやつですな。

そんな広告が少なくない中、
OMソーラーの広告は正直でまっすぐな印象を受けたのだ。

太陽の恵みを熱エネルギーとして家に活かせないか?
そう考えた建築家が、
シンプルに、ひたすらシンプルに作ったのがOMソーラー工法。

「O」はおもしろい。
「M」はもったいない。

屋根にふりそそぐお陽さまがもったいないから
おもしろく使っちゃお!ってこと。

冬は日だまりのようにあたたかく、
夏は日陰の涼しさで暮らせる、日本の気候風土に根ざした家。
むくの木と漆喰壁だから時を経るごとに味が出てくる家。

いーね、いーねっ!

今まで暮らしていたハウスメーカーの家は
時間の経過はただ汚れた見てくれになるだけで
決して味にはならなかったからね。

広告で知って以来、家づくりの勉強に見学会へは何度も足を運んだ。
印刷物からは分からないものを
自分の目で、肌で、からだの感覚で素直に感じ取るようにした。



シンプルで正直な家。

ずっと暮らして味の出てくる家。

家族の身の丈にあった間取りで設計してもらえる自由さ。



この3つがOMソーラーを選んだ大きな理由かな。

『家とは買うものではなく作るものである』byOMソーラー。
詳しくはこちらでね。
http://omsolar.jp/

--------------------------------------------------------

上棟式の時は寝室の一部にしか乗ってなかった屋根もこのとおり。
これで雨ふっても工事は安心。

kennel house_081211_2.jpg


玄関へ続くアプローチも基礎のコンクリートができた。
右端に見えるのは足洗い場。


kennel house_081211_1.jpg


屋根だけでなく、床も進んでるね、うん。

kennnel house_081211_3.jpg


お風呂場チェック中のナース妹。
ひらがなで「ゆ」と大きく書いてある暖簾をかけたいそうで(笑)

kennel house_081211_4.jpg

タイルも選ばなくっちゃ。
posted by おふみ at 14:52| Comment(4) | ハウス&ホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
風呂場に「ゆ」の暖簾 いいですね〜。大漁旗もいいかも(風情が無いってかぁ)

浴室のタイル選びは我が家を参考にして下さい。
下から赤・橙・オレンジ・紅・イエロー
そりゃーもー男色 違うよ暖色でしょ、の世界でござる。 浴槽で一日の疲れを癒し とはいきません。眼がチカチカ 風呂上りに何故か興奮するのは、私だけでしょうか?
もう25年住んでます。。。。。
Posted by 高齢者をクイモノにするオヤジ at 2008年12月11日 21:58
●ハイヨーシルバー殿

エンヤートット♪エンヤートット♪
ケロリンの風呂おけ持って
ひと風呂浴びに来てチョ。

タイル選んでて
LEGOと勘違いして遊んでしまいそうな気がする・・・。
ま、それもいっか?(爆)
Posted by おふみ at 2008年12月12日 11:18
いろいろ考えたりして作る我が家は
愛着がわきますね〜〜^^
早くお引越ししたいでしょう〜〜

おふみさん〜〜
メルアド間違えていろいろ送ったかもです@@

かりぴょんままにもう一度からメールでいいから、
メルアド教えてください!!
Posted by かりぴょんまま at 2008年12月13日 15:47
●かりぴょんままさん

>業務連絡(笑)

メルアド再送信、了解〜^^
明日月曜に送りますので、しばしお待ちを〜
Posted by おふみ at 2008年12月14日 13:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]